NTTデータ、夏休みの小学生向けIT体験教室「NTTデータ アカデミア」参加者を募集

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2021年8月27日(金)から29日(日)の3日間、小学生を対象としたIT体験教室、「NTTデータ アカデミア」を開催することを発表した。

「NTTデータ アカデミア」開催概要

NTTデータ アカデミアとは、NTTデータグループがプログラミングやITのしくみを子どもたちに伝える活動を通じて、ESG重要課題の一つである「IT教育の推進」の実現を目指すもの。

2020年度は83クラスの開催を通じて全国3,048名が参加した。

今回の夏休み開催は、オンライン形式で全体約90分の1回完結型のイベントである。

MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボで開発されたビジュアルプログラミング言語、「スクラッチ」の体験をしてもらう。

指定したい動作が書かれたブロックをつなげていくことで、簡単なものから複雑なものまで自分だけのゲームやアニメーションをプログラミングすることができる。

また、プログラミング体験のほかに、生活の中で触れる身近なIT活用事例を学ぶセッションも設けている。

初めての子でも、講師やスタッフが丁寧にサポートするので、安心して参加できる。

開催日時

2021年8月27日(金)・28日(土)・29日(日)

全日共に、

  • 1回目10:00~11:30
  • 2回目13:30~15:00
  • 3回目16:00~17:30

の計3回開催。

開催方法

オンライン(Zoom)による開催

参加費

無料

カリキュラム

「スクラッチ」によるプログラミング体験、1回定員65名(3クラスに分けて、実施)

対象

小学生

必要なもの

  • インターネット環境
  • Zoom用のパソコンまたは、タブレット、スマートフォンなど
  • 「スクラッチ」用のパソコン

※タブレットでスクラッチを使用する場合は一部の操作が制限されるためパソコンを推奨。
※パソコン1台でスクラッチの操作とZoomの表示を兼用することもできるが、誤操作や混乱の原因となるため端末を別々に用意することを推奨している。

応募締切

2021年8月1日(日)まで

応募者多数の場合、抽選となる。当選者には、2021年8月10日(火)までに、メールにて連絡。

*「NTTデータ アカデミア」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標。

*ScratchはMITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループによって開発された。https://scratch.mit.eduから自由に入手できる。

*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標。