萩生田文部科学大臣がテンプル大学ジャパンキャンパスを訪問

2021年7月5日、萩生田光一 文部科学大臣がテンプル大学ジャパンキャンパス(東京都世田谷区/学長 マシュー・ウィルソン、以下 TUJ)を訪問した。

萩生田大臣はTUJのキャンパス内を視察し、コロナ対策が行われた学生ラウンジや、教室、アートルームなどを見学。実際に行われていた授業にも飛び込み参加し、気さくに学生に声をかける一面も見られたという。

テンプル大学のマシュー・ウィルソン学長と加藤智恵上級副学長、昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子:東京都世田谷区 以下、昭和女子大)の坂東眞理子理事長・総長、小原奈津子学長、柏木厚子教授が加わり、今後のコロナ禍における留学生の受け入れや、同学と昭和女子大とのダブルディグリー・プログラムについて意見交換を行った。

大臣はコロナの終息や各省庁との調整はあるものの、日本人学生の海外への留学と、海外からの留学生の受け入れ再開への必要性に言及。

萩生田大臣からは「日本にはコロナ禍で海外に行けない高校生や学生が多くおり、そうした生徒を1日体験留学させることはできないか」という話もあり、実際そういう企画をTUJは行っていることを伝えたという。

またTUJの世田谷への校舎移転により両学の交流が進み、順調に2年目を迎えてたダブルディグリー・プログラムについても「お互いの学生の学びが深まるユニークな制度」と関心を示したようだ。

atartclass.jpg

萩生田大臣、アート専攻の授業を視察

学生とのセッションにはTUJの学生3名、そして昭和女子大からもTUJダブルディグリー・プログラムに参加する6名が参加。

大臣からはまず、コロナ禍の難しい状況下で学ぶ学生達への労いとエールが送られた。

昭和女子大生からの「TUJに入ってみて、ここでは英語を学ぶというのでなく、英語を使って何を学ぶのかがすごく大切だと感じた」とのコメントに対して、萩生田大臣は「英語が話せるだけでも人生の選択肢が広がるので、今後も幅広く多くを学んでください。世界の政治家はどんどん話してくる、待ってくれない」と、英語でコミュニケーションを取ることの大切さを、自身の体験を交えながら、学生に伝えた。

atcomputerlab.jpg

TUJのコンピューター室での授業を視察

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)

米国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるテンプル大学の日本校で、1982年に東京で開校。

外国大学の分校として日本で最も長い歴史と最大の規模を誇り、2005年には文部科学省から初の外国大学の日本校として指定を受けている。

米国式カリキュラムに基づき、大学学部課程、大学院教育学研究科(修士、博士課程)、 ロースクール、マネジメント修士、アカデミック・イングリッシュ・プログラム、生涯教育プログラム、企業内教育プログラムの7つのプログラムで、世界約60カ国から多様なバックグラウンドの学生が学んでいる。