Learning for Allが三菱UFJ信託銀行と協定締結、遺贈等を通じた社会課題の解決が可能に

子どもの貧困問題に取り組む、特定非営利活動法人Learning for All (所在地:東京都新宿区、代表理事:李炯植、以下 LFA)は、三菱UFJ信託銀行株式会社(所在地:東京都千代田区、取締役社長:長島 巌、以下 三菱UFJ信託銀行 )との間で、遺贈に関する連携を促進するための協定を締結したことを発表した。

この締結により、LFAへの遺贈を検討する人、三菱UFJ信託銀行の顧客で子どもの貧困問題への支援を希望する人に、意志を実現するための提案が双方からできるようになる。

遺贈とは、遺言書を作成し、財産の全部または一部を特定の個人あるいは団体に無償で譲渡(贈与)する方法。

遺贈に関しては、60歳以上の男女の21%が相続財産の一部を寄付することに関心があるという調査結果があり、震災などの大規模な災害の発生に加え、家族関係の多様化により、遺贈への関心が高まっている(出典:日本財団[2021年])。

この協定を通じて、LFAと三菱UFJ信託銀行は、遺贈により子どもの貧困問題への支援希望者の意志の実現を目指す。

また、遺贈での寄付によって、子どもの貧困問題解決の取り組みを加速させる。

なお、本協定は、LFAが株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ5社※による子ども支援団体への継続寄付(2020年度~2022年度)の支援先となったことを機に、実現。

財政面での支援を機に、事業を通じての協力関係が築かれました。LFAにとって、初の遺贈協定の締結となる。

※ 株式会社三菱 UFJ 銀行、三菱 UFJ 信託銀行株式会社、三菱 UFJ 証券ホールディングス株式会社、三菱 UFJ ニコ ス株式会社、アコム株式会社の5社

特定非営利法人Learning for Allについて

  • 代表理事:李炯植(り ひょんしぎ)、全国子どもの貧困・教育支援団体協議会理事を兼任
  • 設立:2014年

「子どもの貧困に、本質的解決を。」をミッションに掲げ、困難を抱える子どもたちへ学習支援と居場所づくりを展開。

地域の様々なステークホルダーと協力をしながら「つながり」「学びの環境」「育まれる環境」を整備し、6歳から18歳の子どもたちの生活圏に必要なすべての支援・機会がそろう「地域協働型子ども包括支援」のモデル構築し、全国へ広げている。

すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、 自分の力で人生を切り拓くことのできる社会の実現を目指している。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。