Apple Podcast ランキング1位の「歴史を面白く学ぶコテンラジオ」運営のCOTEN、総額8,400万円の資金調達を実施

Apple Podcast ランキング1位(2021年6月30日現在) の「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」を運営する株式会社COTENは、株式会社REAPRA、株式会社ドーガン・ベータ、一般財団法人 都築国際育英財団、株式会社ウラノス、ゼロトゥワン株式会社並びに4名のエンジェル投資家を引受先とする総額8,400万円の資金調達を2021年6月に実施したことを発表した。

調達した資金は、2021年中にβ版のリリースを目指す世界史データベース「coten(仮称)」の開発資金に充当予定。

今後もCOTENのミッションである「人類が、人類をより深く理解することに貢献する」ことを目的に、更なる調達を行い、開発を進めていく。

具体的には世界史の歴史情報を体系的に整理し、キーワード検索やタグによる検索を可能にした上で、世界史データベースを活用した教育・事業・人材開発など幅広い分野でのサービスの展開を予定しているという。

資金調達の概要

背景

「coten(仮称)」の基本構想が完了しβ版の開発に着手するにあたり、VC並びに個人投資家から商品・サービスやビジネスモデルではなく、COTENの理念や描く社会に共感してもらい、今回の資金調達に至ったという。

β版では、特定の歴史領域をWEB上で動的に閲覧できる状態を想定している。

世界史のデータベース「coten(仮称)」は、データベースの構造としては基本構想を完了しているものの、完成形のUI/UXや、完成後のマネタイズモデルはβ版の開発を通じて確立していく。

主要出資元からのコメント

株式会社REAPRA

人に注目し、長い時間軸で物事を考え、社会と関わっていこうとしているCOTENに強いシナジーを感じました。歴史という大きく複雑な題材から学べることは多く、ゆえに研究と実践を行うReapraとしてもCOTENとともに学び合いながらその発展に寄与したく思っています!

渡辺 麗斗氏/株式会社ドーガン・ベータ 取締役パートナー

史実のフォーマットを揃え、比較のためのプロトコルを作るという壮大な挑戦は、COTEN RADIOを聞いていただいたら分かるように「偉人をひとりの人」として捉える彼らの眼差しがあるからこそ意味をなすと感じています。構想を聞いてからはや数年、ご一緒できるのが楽しみです。COTENも歴史に名を残そう!

都築 明寿香氏/一般財団法人 都築国際育英財団 理事長

「歴史を知れば未来が見える」。歴史は人の心理や行動・戦略や策略を知れるだけでなく、叡智や運の引き寄せ方を知るカギとなります。COTENによるデータベース化が実現し新たな歴史の側面と更なる真理に触れることで、人類の未来がUPDATEされていく事を心から期待しています!

岩田 真吾氏/株式会社ウラノス 代表取締役社長

「アトツギよ、歴史を学び、歴史から学べ」1887年創業の三星グループを経営する中で、自社や地域の積み重ねてきた歴史の価値に気づきました。しかし、歴史というものは保存と活用が難しいもの… COTENはそんな「歴史の価値化」の全人類バージョンであり、全ての経営者にとって必要なサービスになると信じています。

荻原 国啓氏/ゼロトゥワン株式会社 代表取締役社長

すぐにCOTEN RADIOの大ファンになった1人です!COTENの「人類が、人類をより深く理解することに貢献する」ミッションにワクワクしています。世界の歴史をデータベース化することで「世界の教訓インフラ」を創れるのは、COTENのような歴史を愛している熱狂的な素晴らしいチームだからこそ!と強く確信し、応援させていただきます!

石塚 亮氏/個人投資家(メルカリ共同創業者)

歴史を愛し、歴史を知りすぎてしまったためにCOTENに出資することにしました!COTEN RADIOは始まったばっかりの頃から聴いていたのでこの機会を得て非常に嬉しく思っています。誰もが歴史から学び教訓を活かせるという世界を作り上げてCOTENの名を歴史に刻んでください!

富島 寛氏/個人投資家(メルカリ共同創業者)

高杉晋作について調べていたところ、COTEN RADIOに辿り着き、それ以来普通にリスナーとして聞いてました。世界史データベースという試みの面白さもそうですが、この人達と仲間になりたい!と思い今回出資させていただくことになりました。このサービスを通じて与えた影響がいつか歴史を動かすようになることを期待し応援させていただきます。

柄沢 聡太郎氏/個人投資家(スターフェスティバル株式会社 取締役CTO)

「歴史を伝える」難しさを感じさせない、ワクワク聴けるCOTEN RADIOに魅了されています。可能な限り史実を客観的に伝えたいという熱い想いは普段のRADIOからひしひしと伝わってきており、そのデータベースを作るという意義のある壮大なチャレンジを応援しています!

COTEN代表からのコメント

COTEN代表取締役 深井 龍之介氏

「世界史」データベース事業の広報活動として始めたCOTEN RADIOが、多くの方々に聴いていただけるようになっただけではなく、今回の資金調達のご縁にもつながりました。まだ形になっていないデータベース事業の構想に共感・出資していただいた皆様には心から感謝しています。

誰もが「自分の人生をどう歩むべきか」「自分にとっての幸せとは?」と悩む時代に突入しています。歴史上ではごく一部の限られた知識人しか「幸せとは?」といった問いを持っていなかったのに対し、現代では大多数の人が考え始めています。この「悩み・問い」を解く糸口が歴史や哲学といった人文学的な思考にはあり、その“社会的”な価値が、史上最も高まってきていると私は考えています。

「世界史」のデータベースは、人類の叡智といえる数千年分のケーススタディを体系的にまとめ、検索可能にし、数百冊の本を読むことなく叡智を活用できるようにする試みです。完成すれば世界初になるであろうこの事業だけでなく、Podcastを使った企業の広報活動や、短期的ではなく長期的に社会的価値とインパクトがありマネタイズが可能な事業を推進する新しい「会社」の形も実現できたらと思っています。

世界史データベースの構想について

「世界史のデータベース化」とは、それぞれ別々の切り口で書かれた歴史情報・知識を同じ型に揃えて整理することを指す。

これによって歴史的事象を俯瞰的に捉え、横並びでの比較や調査を可能にしたいと考えているという。

歴史情報は固有名詞で記録されているため、異なる年代・土地での同様の事象を調べるためには、多様な文献を参照する必要がある。

歴史の年表に、その出来事を1段階抽象化したタグを付ける(例:部下に殺された歴史上の人物だけを抽出する)ことによって、様々な年代や土地での事象から同じパターンのものが抽出可能になる「。

世界史のデータベースの開発によって、膨大な量の文献を読まずとも誰もが整理された歴史情報にアクセスできる状態を目指している。

また、各情報に土地・気候情報も付与し、人口の推移やGDPの推計も同時に見られるように実装予定。

これにより「18XX年にYYでZZ戦争が起きた」という情報に加えて、その時のYYが寒冷期であった、人口が急激に減って国力が落ちていたといった情報も知ることができる。

つまり、歴史情報を体系的かつ包括的に見ることが可能になる。これによって、新たな仮説を立てることも可能になると考えられる。

「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」について

COTENでは、世界史のデータベース開発の他に「歴史を面白く学ぶコテンラジオ(COTEN RADIO)」を主軸とするメディア事業を運営している。

ユニークリスナー数

約14.2万*人

総再生回数

約1,900万*回

エピソード数

240*エピソード ※番外編含む

実績

  • 2019年 Japan Podcast Award 大賞&Spotify賞を受賞
  • 2020年 Japan Podcast Award 大賞ノミネート&リスナーズ・チョイス3位
  • Apple Podcast 総合ランキング1位*
  • Spotify総合ランキング最高2位

*2021年6月30日時点