NTTドコモ、ビジネスdアカウントユーザー向けに無料で受講できるオンライン講座「DX入門」「オンライン営業」を開講

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)と株式会社ドコモgacco(以下ガッコ)は、全国の企業・自治体などの従業員・職員の学びを促進するため、gacco®がインフラから学びのコンテンツまで一気通貫で提供する「オンライン講座」サービスにおいてドコモの法人向け共通認証ID「ビジネスdアカウント」を用いた、ユーザー限定の講座の提供を2021年7月1日(木)から開始することを発表した。

また、講座の提供開始にあわせ、これらの講座を無料で受講できるキャンペーンも実施する。

両社は、ビジネスdアカウントユーザー向け講座の第1弾として、全国の企業・自治体からの声が多かった「DX入門」「オンライン営業」をテーマにした2講座を開発。

これら2講座はgaccoを通じて提供し、ビジネスdアカウントを用いてログインすることで、無料で受講できる。

また、各企業の管理者が「ビジネスdアカウント」単位で社員の受講状況を管理することができる機能も有料※で提供する。

※希望に応じて個別に見積りとなる。

今後も、さまざまな講座コンテンツを順次提供し、ビジネスdアカウントユーザーが無料で受講できる講座を追加する予定。

両社は、ドコモが有する顧客基盤やDXにまつわる知見と、ガッコが蓄積する大学や企業のコンテンツ、講師陣とのネットワークによる「オンライン講座」サービスを連携させることで、全国の中堅・中小企業や自治体などの従業員・職員への学びの提供ならびに企業や自治体におけるDX推進を積極的に支援していく。

 「ビジネスdアカウント」ユーザー向け無料受講キャンペーンについて

内容

「ビジネスdアカウント」を利用するユーザー限定で無料受講できる講座をgaccoで公開

実施期間

2021年7月1日(木)~※1

受講条件

ビジネスdアカウント利用ユーザーで、ビジネスdアカウントを使ってgaccoにログインした人

対象講座

「DX入門-Excelから始める生産性アップ-」

  • 内容
    • 第1章:DX時代に必要なスキル
    • 第2章:自分の仕事や関係者を振り返ってみよう
  • 講師:堅田 洋資 氏 株式会社データミックス 代表取締役
  • 所要時間:30分/週 程度

2018年に経済産業省により、「DX推進ガイドライン」が策定され、デジタル・トランスフォーメーション(DX)に注目が集まっている。

DXという言葉はよく聞くものの、具体的にどういうことなのかイメージがつかないという人を対象に、DXとはどのようなことを表しているのか、これからの社会でどのようなことをすべきかを学んでいく。

 「リモートワークで成果を上げる!-新しい働き方に必要な営業スキルとは?-」

  • 内容
    • 第1章:変化をチャンスに変える、オンライン営業について
    • 第2章:オンラインで信頼感を高めるコミュニケーションのコツ
    • 第3章:営業に役立つ、オンラインセミナー活用術
  • 講師
    • 牛嶋 洋之 氏 ベルフェイス株式会社
    • 阿部 恵 氏 合同会社Confill代表、スピーチコンサルタント
    • 髙橋 龍征 氏 conecuri合同会社 代表社員
  • 所要時間:30分/週 程度

新型コロナウイルス流行の影響により環境が急速に変化した中で、多くの企業・営業マンが有効な手法を模索しているオンライン営業について、訪問営業とオンライン営業のプロセスの違いや非対面での商談を成功させるポイント、役立つツールを紹介し、新しい働き方における営業スキルを学ぶ。

※キャンペーンの終了日は未定。別途キャンペーンサイト等で発表される。キャンペーンの対象講座は、今秋以降、順次追加予定。講座受講の所要時間は目安。

※「gacco」は、株式会社ドコモ gacco の登録商標。

「ビジネスdアカウント」について

「ビジネスdアカウント」は、ドコモが2021年5月から提供を開始した法人さま向けの無料の共通認証ID。

法人名義で契約のドコモ回線を利用中のユーザーに加え、2021年7月からドコモの回線を利用していないユーザーにも提供する予定。

本アカウントでは、ドコモやドコモのパートナーが提供するサービスに対応するほか、「ドコモビジネスWi-Fi」や「ドコモビジネスメンバーズ」などの会員限定サービスも利用できる。

今後、リモートワーク推進、労務管理・経費精算などの業務効率化、健康経営支援など幅広いサービスを展開し、2021年度上期中に50種類以上のサービスの提供をめざしていく。

gacco「オンライン講座」サービスについて

ガッコは、大学や企業に所属しているさまざまなジャンルの講師による講座を受けられる MOOC※プラットフォーム「gacco」を運営している。

「gacco」では、AI、DX、SDGs、IoT、統計学などのビジネススキル向上に役立つ講座や、教養を深めるものまで、さまざまな講座を開講している。

MOOCはMassive Open Online Coursesの略称で、「大規模公開オンライン講座」と訳される。Web上で誰でも原則無料で参加可能な大規模な講座を提供し、修了者に対して修了証を発行する教育サービス。2012年から米国を中心として、主要大学および有名教授により公開され、2020年現在で、世界中から1億8000万人が受講している。