武蔵野大学、アントレプレナーシップを学べるオンラインゼミを7月4日から全6回開催

武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(東京都西東京市)は、昨年好評だった参加型オンラインセッション「武蔵野EMC高校生オンラインゼミ」を2021年7月4日(日)から実施することを発表した(全6回)。

今年度は高校生(受験生)以外にも大学生、社会人も参加可能とし、アントレプレナーシップを実務家教員から学ぶことができる。

*EMC= Entrepreneurship Musashino Campusの略

「武蔵野EMC高校生オンラインゼミ」第1回概要の概要

プロジェクトチームによるブレインストーミング

「武蔵野EMC高校生オンラインゼミ」は、日本の次世代を担う若い高校生にアントレプレナーシップ学部の意義、教員の多様性を伝えることを目的に講義、パネルディスカッション、対話を用いた双方向型セッション。

昨年度は全13回で教員21名が登壇し、延べ615名が参加した。

2年目となる今回は、新入生を獲得するために1期生によるプロジェクトチームを結成。

プロジェクトチームでは教員と一緒にマーケティングを行い、「EMCゼミ」の運営を行うとともに来年度の新入生の獲得を目指す。

また1期生が各種SNSを使っての情報発信、「EMCゼミ」での登壇など、受験生の疑問に答える機会も提供するなどやりとりをしながら双方向でセッションを進める。

またコミュニケーション、マーケティング、クリティカルシンキングなどを専門とする教員の模擬授業など、これから入学を考える高校生や受験生、これから社会に出ていく大学生をはじめ、社会人がアントレプレナーシップ(起業家精神)に触れる機会を提供する。

ポイント

プロジェクトチームによるブレインストーミング
  • 誰でもオンラインでアントレプレナーシップ学部の授業を体験できる
  • コミュニケーション、マーケティング、クリティカルシンキングなど社会ですぐに活かせる内容が組み込まれている
  • 受験生の疑問に1期生が答えるなど、双方向型のコミュニケーションが取れる
  • 1期生と教員がチームを組んで授業内容を企画

日時

2021年7月4日(日)20:00~21:30

テーマ

「アントレプレナーシップ学部から創る未来」

内容

伊藤羊一学部長とアントレプレナーシップ学部1期生がセッション予定

対象

高校生・受験生(大学生・社会人も参加可能)

実施方法

オンライン(Zoom)

※2回目以降の実施概要についてはhttps://mu-emc.peatix.com/を確認。

武蔵野大学アントレプレナーシップ学部長 伊藤 羊一氏

昨年実施した「武蔵野EMC高校生オンラインゼミ」は、多くの高校生の皆さんから高い評価をいただきました。

大学の模擬授業でもなく、高校で学ぶ内容を教えるでもなく、現役実務家として「社会の今」を伝えながら、高校生の皆さんが何に関心を持ち、どう生きていくべきか、アントレプレナーシップという切り口で語り尽くしていきます。この学部への興味にかかわらず、未来への指針を得たい高校生の参加をお待ちしています。

武蔵野大学アントレプレナーシップ学部1年 熊谷 流気さん

EMCオンラインゼミの学生リーダーを勤めさせていただいている熊谷流気です。私自身、去年このオンラインゼミをきっかけに、実践的な学びや先生方のこの学部に対する熱い想いに惹かれ入学しました。

今度は、この経験を得る立場ではなく、提供する一人として活動出来ていることをすごく光栄に思います。今年のEMCオンラインゼミで学びと熱い想いを伝え、私のようにこの学部に興味を持ってくれる人を一人でも増やしていきたいです!

武蔵野大学について

武蔵野大学武蔵野キャンパス

1924年に仏教精神を根幹にした人格教育を理想に掲げ、武蔵野女子学院を設立。

武蔵野女子大学を前身とし、2003年に武蔵野大学に改名。2004年の男女共学化以降、大学改革を推進し12学部20学科、13大学院研究科、通信教育部など学生数12,000人超の総合大学に発展。

また2021年4月に日本初の「アントレプレナーシップ学部」、全学生「AI活用」「SDGs」を必修科目とした全学共通基礎課程「武蔵野INITIAL」をスタートさせるなど、2024年の創立100周年とその先の2050年の未来に向けてクリエイティブな人材を育成するため、大学改革を進めている。