フルマ、長野日本大学小学校で動画編集やネットリテラシーを学ぶオンライン授業を実施

子ども向け動画制作スクールを運営するフルマ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:齊藤 涼太郎)は、動画制作スキルとネットリテラシーの習得を目的として、長野日本大学小学校とオンライン授業を実施したことを発表した。

フルマは、小中学生が動画制作とネットリテラシーを楽しく学べる講座を、学校や自治体向けに開発・提供している。

動画制作は、ICTを活用した表現や制作の力を育む。また、ネットリテラシーは新しい時代の情報活用能力に必須の知識である。

この2つを楽しく学べる講座を、地方自治体や教育機関と連携し、より多くの子どもたちに提供していく。

長野日本大学小学校におけるオンライン授業の概要

1人1台の iPad を活用し、子どもたちの学びがより豊かなものになるように努める長野日本大学小学校は、「動画制作をやってみたい」という子ども達の声を受け、子ども達が「やってみたいこと」を安心して挑戦できることは非常に大切だと考えていた。

そこで今回、フルマ株式会社とのオンライン授業が実現した。

提供対象

長野日本大学小学校

提供講座

ネットリテラシーを学ぶアニメを視聴する生徒達

小学生・中学生向け オンライン動画制作講座「フルマオンライン

フルマの授業で学ぶこと

  • 動画編集の基礎的な知識を学び、実践することを通して、自分の思いをより効果的に伝える方法を身につける。
  • インターネットでの情報の受信・発信に必要な知識を学び、自分や他人の人権を守ってインターネットを適切に使いこなす能力を身につける。

フルマオンラインの特長

  • 動画編集をアニメーション教材で学習
  • ネットリテラシーをクイズ形式で学習
  • 面倒な設定や授業準備が不要

学校での活用事例

小学校の総合的な学習(探究)の時間