授業支援クラウド「スクールタクト」運営のコードタクト、教員向けにICT活用実践コンテンツサイトをオープン

株式会社コードタクト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:後藤 正樹)は、自社サービスである授業支援クラウド「スクールタクト」の利活用促進に加え、ICT機器導入後の活用を模索する小中高等学校現場を支援するため、ICT活用実践コンテンツサイト「これならできる!スクールタクト活用ライブラリ」をオープンしたことを発表した。

「これならできる!スクールタクト活用ライブラリ」 とは

「これならできる!スクールタクト活用ライブラリ」は、一人一台端末の整備が完了したもののICT教育の実践がうまく進まない小中高等学校現場を支援する目的でオープン。

スクールタクトの利活用に役立つコンテンツに加え、資料ダウンロードページ(7月更新予定)には「情報モラル教育」や「オンライン授業」の実践マニュアルなど、ICT教育全般の課題に役立てられるコンテンツが用意されている。

オープンに至った背景

元教員で構成される利活用促進チームが発案

GIGAスクール構想により多くの自治体で1人1台端末の整備が完了した。

文部科学省ではICT機器の利活用調査実施を示すなど、ICT教育の浸透が急務となっている。

学校現場ではICT担当教員を中心として多忙を極める中、校内研修を開く、研究授業を重ねるなど活用を進め、業務改善やペーパーレス化が進むなどメリットも見られた。

その一方で、利活用促進を試行錯誤するものの、何年もかけて積み上げてきた指導法を切り替えることは容易ではなく、活用が校内の一部の教員に留まるなど、課題も散見される。

コードタクトではそのような状況を踏まえ、社内の元教員メンバーを中心として、新型コロナウイルスによる休校要請の際に「オンライン授業マニュアル」を無料配布するなど、スクールタクトのユーザー向けの利活用促進だけでなくICT活用を模索する先生を支援するコンテンツを作成してきた。

このような取り組みを「限定した発信に留めておくのはもったいない!」と考えた利活用促進チームが、スクールタクトを通して学校現場に広く有益な情報を届けるべく、「これならできる!スクールタクト活用ライブラリ」のオープンに至った。

掲載内容

直近の公開状況は以下のとおり。※順次更新の予定

  • 授業実践動画集:授業スタイルや展開別の3分動画と授業案で毎日の授業作りをサポート!
  • 教科別実践事例:校種・教科別の授業実践事例集
  • 課題テンプレート:授業内で活用しやすい課題テンプレートをテーマ別にピックアップ!
  • 資料ダウンロードページ(7月公開予定):
    • 児童生徒向けのICTスキル検定:児童生徒向けの操作説明動画や、ICTスキルに合わせた検定表
    • 実践レシピ集:ICTを日常的に活用するための事例や、先進的な取り組みをしている先生方の事例を、スクールタクトですぐに実践できるようにレシビ化!
    • 情報モラルマニュアル:情報モラルの中でもアカウントや端末の管理について注意したい点をまとめた資料と、印刷してすぐに利用できるチェックシート
    • オンライン授業マニュアル:Zoomなどのビデオ会議システムの授業への利用方法や、印刷して保護者へ配布可能なプリント見本など、オンライン授業を始めるための準備資料

スクールタクトについて

スクールタクトは機種を問わずにICTを活用した授業ができる授業支援クラウド。

GIGAスクール構想や学習指導要領など最新の教育トレンドを考慮した様々な機能で、先生が教えやすく生徒が学びやすい環境を作る。

文部科学省、総務省、内閣府をはじめとする様々なICT教育の実証プログラムに採択されており、国公私立問わず800校を超える小学校・中学校・高校・大学、そして教育委員会に導入されている。

くわしくはスクールタクト webページを参照。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。