2021年の子供向けプログラミング教育市場は前年比125%成長の175億円、「コエテコ byGMO」と船井総研調べ

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、小学生向けのプログラミング・ロボット教室情報掲載数業界No.1(※)のプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」は、経営コンサルティングサービスを展開する株式会社船井総合研究所(代表取締役社長 社長執行役員:真貝 大介 以下、船井総研)と共同で、「2021年 子ども向けプログラミング教育市場調査」を実施し結果を発表した。

調査は2018年から開始し、今回で4回目となる。

この調査では、子ども向けプログラミング教室数と教材費、毎月支払われる受講料から「子ども向けプログラミング教育市場」の規模予測を算出している。

(※)2020年12月時点。MMD研究所調べ。

「2021年 子ども向けプログラミング教育市場調査」概要

ポイント

  • 日本の子ども向けプログラミング教育市場、3年間で約2倍に拡大。コロナ禍でも前年比125%と二桁成長、2025年には400億円市場に拡大と予想
  • 教室数は2021年6月9日現在、日本全国で1万900教室。2020年6月時点では9,807教室であり、1年間で1,000教室以上増。

子ども向けプログラミング教育市場はコロナ禍でも前年比125%と二桁成長、2025年には400億円規模の市場に

子ども向けプログラミング教育の市場は、GMOメディアが調査を開始した2018年には100億円に満たない規模(90億7,100万円)だったが、翌2019年に100億円を突破(114億2,000万円)し、その後も順調に成長を続け、今年2021年は前年比125%の175億7,900万円となった。

少子化の進行によって民間の教育産業全体が伸び悩みを見せる中、二桁成長を続けている。

この市場規模拡大の背景としては、2020年度から実施された小学校でのプログラミング教育の必修化が契機となったことはもちろん、その後の2021年度の中学校・2022年度の高等学校でのプログラミング教育の拡充が大きく影響している。

また、コロナ禍を受け、日本社会全体のオンライン化・デジタル化が一気に進んだことで、プログラミングの知識と技術の重要性が改めて認識されたと考えられる。

さらに2024年度には、大学入学共通テストにプログラミングを含む「情報」が教科として採用されることが決定しており、受験科目となることで保護者の関心も高まっているといえる。

近年、特に小中高の公教育においてプログラミング教育の拡大や推進が目立っているが、これは将来の予測ができないVUCA(ブーカ)(※)の時代を生き抜くためにプログラミング教育を通じて身につく力が必要と言われているためである。

そうしたことから、今後「プログラミングは必須のスキル」という認識がさらに保護者の中で大きくなってくると考え、そういった影響も加味すると、子ども向けプログラミング教育市場は2025年には400億円規模に到達すると予測している。

(※)VUCA:Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)という4つの言葉の頭文字を取り、予測ができない時代を表す言葉。

「コエテコ byGMO」の教室掲載数も1万を突破

「コエテコ byGMO」に掲載している教室数は2020年に1万教室を突破し、直近の2021年6月には10,900教室になるなど増加を続けている。

近年、子ども向けプログラミング教育への社会的な関心は高まっており、大手教育機関やIT企業なども子ども向けプログラミング教育参入を開始するなど、今後もプログラミング教室の数は増加する傾向にある。

「コエテコ byGMO」事業責任者・沼田直之氏のコメント

2021年度の子ども向けプログラミング教育市場はコロナ禍ではあったのですが、公教育でのプログラミング教育の拡充、加えて大学入学共通テストでの情報の教科化などもあり、保護者の方の関心もより高くなった結果、市場規模が拡大したと考えています。

新型コロナウイルス感染拡大を受け、日本社会のDXが急激に進展していく中、プログラミングスキルは必須となってくると思っているので、今後も未来あるお子さんに様々な機会や選択肢を提供してきたいと思っています。

調査概要

調査方法

「コエテコ byGMO」と船井総研によるプログラミング教育市場関係者へのヒアリング、また「コエテコ byGMO」と船井総研が保有するデータ、調査機関の公開情報の収集

調査期間

2021年3月~2021年6月

調査対象

以下に該当する民間運営で月謝制の継続受講型の子ども向けプログラミング教室・スクール

  1. ロボット製作とプログラミングをかけ合わせて学ぶ「ロボット・プログラミング教室」
  2. プログラミングを学ぶことに特化した「プログラミング教室」

「コエテコ byGMO」とは

GMOメディアが運営する「コエテコ byGMO」は、「プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる」をコンセプトに、2017年11月に開設した小学生向けのプログラミング教育ポータルサイト。

SDGs「質の高い教育をみんなに」という目標の達成に向け、プログラミング教育に関する最新ニュースや調査結果をはじめ、様々なプログラミングスクールの情報を伝えることで、小学生の子どもを持つ保護者を対象に、プログラミング教育への理解を深めるとともに、プログラミングスクール選びの参考となることを目指している。