ダヴィンチマスターズ、小1~3を対象に非認知能力を育む「ダヴィンチマスターズ クラブ」を7月に開講

一般社団法人ダヴィンチマスターズ(所在:東京都世田谷区、代表理事:渡辺 香代子)は、小学生1~3年生を対象とした学校でも塾や習い事でもない、非認知能力※1 を育む第三の学び場「ダヴィンチマスターズ クラブ」を7月から開講することを発表した。

開講に先がけ6月18日(金)よりプログラム予約の受付を開始した。

毎月2回の好きなオンラインプログラムを楽しみながら学ぶことで、子どもたちの “最後までやり抜く力” “社会を生き抜く力” などの「非認知能力」を育む。

※1:非認知的スキル(能力)とは

IQ や学力テストで計測される認知能力とは異なり、意欲や長期的計画を実行する能力、他人との協働に必要な社会的・感情的制御といった人間の気質や生活的な特徴のこと。認知的スキルと共にこの非認知的スキルの双方のスキルの発達・強化が生涯に亘る成功を促進すると言われている。

出典元:青山学院大学教育学会紀要「教育研究」第60号(2016)

「ダヴィンチマスターズ クラブ」概要

開始の背景

延べ1万人以上が参加した体験イベント「ダヴィンチマスターズ」

「ダヴィンチマスターズ」は 2016 年より26回にわたり全国の自治体や教育委員会の後援のもと開催してきた体験
イベントで、延べ1万人以上の子どもたちが参加。

遊びながら学びにつながる体験プログラムを通じて、未来を担う子どもたちが最後までやり遂げ、“できる” を経験し、自己肯定感や社会意識、思考力など「社会を生き抜く力」を引き出すことを目的としている。

「クラブ」ではより多くの子どもたちの非認知能力を引き出す場を提供

学習指導要領が変わり、GIGA スクール構想など教育改革が進む中、昨今のコロナ禍の影響もあり、教育における ICTの必要性がますます加速している。

昨年「ダヴィンチマスターズ」では初のオンラインイベントを開催。

定員250名のところ1000人を上回る応募があった。

抽選申込のため参加できない人が多くいる中で「もっとイベントを開催してほしい」「参加枠を増やしてほしい」という声が届くようになったという。

そこで「日常に寄り添った非認知能力を育む場」をより多くの人に提供できるよう、学校帰りや休日に自宅から気軽に参加できるオンライン上の学び場「ダヴィンチマスターズ クラブ」は生まれた。

「ダヴィンチマスターズ クラブ」では月額2,000円(税込)で英語、理数、科学、社会、プログラミングやアートなど、
さまざまなジャンルのプログラムを毎月2つ体験することができる。

興味のあるプログラムを子ども自身が選ぶことで自発的な学びに導くとともに、実際に体験することで自分の本当の“好き”に気づくことをサポートする。

また、海外の人や一緒に参加している全国の友だちと交流することで多様な価値観・文化に触れる機会を高めていく。

特徴

学校外でもすべての子どもたちに等しく学びの場を(招待枠制度)

2019 年に掲げられた GIGA スクール構想により小学校では1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワーク環境の整備が進められる一方で、全国的に見ると教育の地域格差、貧困等の問題で家庭での ICT 環境や学習機会が不平等にさらされている現状がある。

一般社団法人ダヴィンチマスターズでは自治体と連携し、ひとり親家庭など様々な事情をかかえ、普段なかなか学校外での学びの場に参加する機会が少ないと思われる子ども達を無料で招待する取組みをはじめている。

「第25回ダヴィンチマスターズ」のイベントでは神戸市のガバメントクラウドファンディングと連動し、集まった寄付金から神戸市内在住の母子家庭や児童養護施設の子どもたち140名を無料でイベントに招待。

「ダヴィンチマスターズ クラブ」でも引き続き、毎月全国の自治体と連携し、すべての子どもたちに学校外でもICT 環境での学びの場を提供していく予定。

オンラインからリアルにつながるイベントを展開

「ダヴィンチマスターズ クラブ」では、リアルな場でより子どもたちの興味をより深めるイベントや、宿泊を伴う野外体験で衣食住を仲間とともにし、心の成長を促すフィールドワークなど、オンライン上の体験にとどまらず、リアルな体験の場へつながる活動を行っている。

日常的にクラブで顔を合わせていた全国の仲間と、イベントやフィールドでリアルに出会える貴重な機会を提供できるのも、ダヴィンチマスターズならではの取組み。

※今後も感染症対策を徹底した上でリアルイベントを随時開催予定。

特別講師による開講記念スペシャルプログラムも

7月開始の「ダヴィンチマスターズ クラブ」では開講記念としてスペシャルプログラムが用意されている。

お茶の水女子大学教授 浜野 隆先生による「保護者向け特別講演会」をはじめ、大学教授や業界の第一線で活躍するプロフェッショナルによる、過去のイベントで大人気だったプログラムをオンラインでも開催。

子どもも保護者も一緒につくり上げていくクラブ

2016 年から参加者の「楽しい!」「もっとやりたい!」という声で続いてきたダヴィンチマスターズ。

オンラインで全国から気軽に参加できるからこそ、参加する子どもたちや保護者の声を大切にしたいと考えているという。

7 月の開講に合わせて現在、一緒に「ダヴィンチマスターズ クラブ」を育てていくモニターを募集している。

日時

2021年7月より Zoom オンラインにて開講(予約受付は6月18日(金)から)

対象

小学1年生~小学3年生

定員

プログラムごとに異なる

利用料

月額2,000円/1 名につき(税込) ※材料などは受講者各自で準備

主催

一般社団法人ダヴィンチマスターズ(代表理事 渡辺香代子)