東京書籍、Google for Education協力のもと 「一人一台端末におけるGoogle Workspace for Educationの効果的な活用」に関し実証研究を開始

東京書籍株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:千石 雅仁、以下 東京書籍)は、Google for Educationの協力のもと、一人一台端末が整備された学校における、ICTを効果的に利活用した学習指導と評価の在り方を検討するために、実証研究を開始することを発表した。

この実証研究は、具体的なテーマと実証校を選定して実施される予定。

基本的には、Google for Education(Chromebook(TM)とGoogle Workspace for Educationから構成されている教育機関向けソリューション)が導入された学校を対象に、Google Workspace for Educationと東京書籍が提供するコンテンツとの組み合わせで検証を進めていく。

まずは、今年6月中旬「Google フォームを用いた学習評価に関する実証研究」をスタート。

Google Workspace for Educationに含まれるツールの1つであるGoogle フォームを利用した簡易型 CBT(Computer Based Testing)の運用方法および有用性の検証がテーマとなる。

期間、校種、教科、学年については、以下のとおり(予定)。

期間

2021年6月中旬~10月

校種・教科・学年

小学校算数(6年)、小学校理科(5年)、中学校国語(1~3年)、中学校数学(1年)、中学校英語(1年)

※対象学年は今後増える予定。

東京書籍は、全国の児童・生徒の学びをサポートするため、実際の授業に基づく教育現場からのフィードバックを受けて、Google Workspace for Educationと合わせて活用されることを想定した東京書籍の商品・サービスの使いやすさの向上を図っていく。

また、本実証研究の知見を踏まえ、ICTを効果的に利活用した学習指導と評価の在り方を学校現場に提案していく。

東京書籍株式会社について

東京書籍は1909(明治42)年創業。

「教育と文化を通じて人づくり」を企業理念とし、新しい時代に挑戦する個性的、創造的な人材の育成を目指している。

小・中・高等学校の教科書発行部数が最多の教科書業界最大手の出版社である。

近年、デジタル教科書など教育用デジタルコンテンツの開発・販売にも注力している。

その他、教育総合ポータルサイト運営、学力・体力テストなどの各種評価事業、一般書籍の発行など教育と文化に係る幅広い事業活動を行っている。

※Google for Education、Chromebookは、Google LLCの商標。