オンライン学習プログラム「Dr.Tech Learning」福岡県飯塚市内の公立小学校3校と作新学院小学部に導入

タブレット教材『金融×プログラミング×外国語』の製作・開発を行う株式会社Dr.Tech(ドクターテック)(本社:東京都文京区、代表:井川由紀)はICT教育促進の一環として、福岡県飯塚市教育委員会(教育長:武井政一氏)の公立小学校3校、および作新学院小学部(栃木県宇都宮市)へ、オンライン学習プログラム「Dr.Tech Learning(ディーテック ラーニング)」を6月1日から6月30日まで試験導入を開始したことを発表した。

金融×ICT教育の先駆けとして、全国の学校教育タブレット活用の一助となるよう尽力していく。

オンライン学習プログラム「Dr.Tech Learning」とは

本教材は、「お金の教育×プログラミング入門×英語」をコンセプトとしており、小学校低学年(2年生~)を対象としたタブレット用の教材。

レッスンは、はるちゃんという小学2年生の女の子が、日常生活の中でお金のことに関する様々な体験に沿って進んでいく。

「やってみよう!」というチャレンジページでは、ビジュアル言語を用いたプログラミングロジックを学ぶことができ、また、各レッスンの終わりには、コミュニケーションに必要な英単語(動詞)を聞いて発音する、という構成となっている。

先生が、子供たちの進捗状況などを管理・確認できる画面も設定しており、インターネット環境があればどこでも利用可能。

小学校導入への背景と想い

楽しみながら学ぶDr.Tech Learning

「GIGA スクール元年の始まり」として、2021年4月より、小中学校で1人1台端末環境下での新しい学びが本格的にスタートしている。

オンライン教育の重要性は、このコロナ禍においても改めて認識されているが、『教育現場を担う先生に負担なく、そして何より次世代を生きる子供たちのために、タブレットを有効に活用して欲しい』という願いから、Dr.Tech(ドクターテック)は昨年より「Dr.Tech Learning(ディーテック ラーニング)」の教材開発を続けている。

飯塚市教育委員会は、学校教育課による「GIGAスクール通信」配信など、積極的にICT推進の取り組みを進めており、「金融・プログラミング・外国語」というユニーク、かつこれからの子供たちに身に着けて欲しいと考えられるコンテンツである教材に共感をしているという。

また、作新学院小学部では、具体的に「小学2年生のせいかつ」の授業で試験導入を始めている。

実際、Dr.Tech本校に通う生徒の中には「ぼくも、はるちゃんみたいにお金を貯めたいから、玄関の掃除をしてお小遣いをもらうようにした!」と、日常生活の中で実践し始めた子も。

試験導入協力校

公立

飯塚小学校(福岡県飯塚市)

飯塚小学校

黒田福岡藩主が建てた本陣と代官屋敷跡を校舎として、明治7年に設立された140年の歴史がある。平成27年度から飯塚市の指定・委嘱を受け、ICT を活用したアクティブ・ラーニングの研究を行っている。

立岩小学校(福岡県飯塚市)

立岩小学校

校区に市役所など市の施設、駅、商店街、古墳、公園などがあり、どの学年でも生活科や総合的な学習の時間を中心に、地域での学習をしている。

飯塚東小学校(福岡県飯塚市)

飯塚東小学校

周囲を竹林や雑木林で囲まれた自然環境豊かな学校。また、本オンライン教材開発者、Dr.Tech(ディーテック)代表井川氏の母校。

私立

作新学院小学部(栃木県宇都宮市)

作新学院小学部

昭和29年創設、栃木県内で唯一の私立小学校。

『知育・徳育・体育』各面でのバランスのとれた教育を基本とし、児童一人ひとりが個性を充分に伸ばせるよう、丁寧できめ細かな指導を心がけている。