さくらさくプラス、学習塾VAMOSを子会社化

東京を中心に認可保育園を展開する株式会社さくらさくプラス(本社:東京都千代田区、代表取締役:西尾 義隆、証券コード:7097)は、学習塾経営の株式会社VAMOS(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:富永雄輔、以下「VAMOS」)の全株式を取得し、2021年6月11日に完全子会社化したことを発表した。

このグループ参画に伴い、さくらさくプラスグループの幼児教育や不動産開発力とVAMOSの学習指導ノウハウの組み合わせで、乳幼児期から就学後の教育連続性によるシナジーと、両社の継続的な事業発展を目指す。

左:西尾 義隆 右:富永 雄輔

目的と背景

VAMOSは2009年に創業し、東京都内に中学受験メインの学習塾を3校運営。

子ども達の学習以外にかかわる部分の手厚いサポートと、受験合格だけを目標とせず、アクティブラーニングを通じ、自分自身で未来を切り開く学習指導を実施している。

子ども一人ひとりに寄り添った個別カリキュラムを用い、少人数制で生徒の自主性を育む授業を展開してきた。

さくらさくプラスグループは2021年6月現在において、73園の保育園「さくらさくみらい」を運営している。

2020年より、就学、さらにその先の人生に繋がる幼児教育を実践できる人材を育むためのプロジェクトを開始。

2021年より、子どもたちを自発的な学びへ導き、子ども自身の力で「なりたいみらい」を実現するための幼児教育プログラム「CLiP」(Children Learn in Play)を始動した。

文部科学省は2020年より新学習指導要領を導入し従来の一斉教育であった学校教育から、「主体的・対話的で深い学び」を推進。

「21世紀型スキル」とも呼ばれる、コミュニケーション力、問題解決力、柔軟性など、社会の変化に対応し生き抜くために必要な資質・能力を備え、生き抜く力を持った子どもたちを育む教育が必要だといわれている。

VAMOSがさくらさくプラスグループに参画することで、乳幼児期から小学校卒業に至るまでの教育を一貫してサポートする体制が整い、こどもたちの「なりたいみらい」の実現のためのシナジーが期待できる。

また、さくらさくプラスの強みである不動産事業のノウハウを活かした事業開発により、よりよい不動産活用を実施し、両社の更なる事業発展を目指す。

今後の展望

女性の社会進出による共働き世帯数の増加や、都心部で進む核家族化から、子育て支援である保育所の需要は増加、更に少子化を背景に一人当たりの子どもの教育費も近年増加傾向にある。

さくらさくプラスは、子どもたちと働く保護者を支援し保育所運営を行ってきた。

幼児教育プログラム「CLiP」(Children Learn in Play)の開始に伴い、就学前の教育により一層力をいれていくと共に、今回VAMOS社が実施してきた就学後の教育ノウハウとで連続性をもたせ、子どもたちの「なりたいみらい」をサポートしていきたいと考えているという。

子ども達の教育に連続性ができることで、保育業界と塾業界の更なる活性化を質と量の両軸で目指す。

子どもたちの安全で安心な学びの環境を確保し、働く保護者を支えるため、社会の子育てインフラとして今後も展開していく。