昨年約747万人が視聴した高校eスポーツの祭典「STAGE:0」競技プログラミング大会を実施

株式会社テレビ東京(本社:東京都港区、社長:石川一郎) 、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐博)が開催する、日本最大※1の高校eスポーツの祭典『STAGE:0(ステージゼロ)』は、eスポーツ競技の発展と世界で活躍する日本人選手の輩出を目指し、「競技プログラミング」の高校生大会を実施することを発表した。

日本で唯一、毎週コンテストを開催している日本最大の競技プログラミングコンテスト「AtCoder」の運営協力により、8月7日(土)にオンライン形式にて、最強の高校生競技プログラマーを決定する『STAGE:0 競技プログラミング 高校生大会 powered by AtCoder』を実施する。

6月9日(水) より、AtCoder特設ページにて参加エントリー受付を開始する。

※写真はイメージ。今回の高校生大会はオンラインにて実施のため、会場に集合する形式ではない。

「STAGE:0 競技プログラミング 高校生大会 powered by AtCoder」概要

開催日時

2021年8月7日(土) 16時~20時

試合形式

「AtCoder」のコンテストページ内でオンライン開催。1つの問題を4時間かけて解いてもらう。

参加人数

1〜3名

参加資格

  1. 日本国内に在住する高校生・定時制高校生・高等専門学校生・通信高校生であること。
  2. 生年月日が2003年4月2日~2006年4月1日であること。
  3. チームを組む場合(2名もしくは3名で参加する場合)は、メンバー全員が同一高校であること。

STAGE:0が「競技プログラミング」の高校生大会を実施する理由

「STAGE:0」は、eスポーツをゲームだけではなく、記憶力・集中力・認識力・計算力といったあらゆる能力が求められる、新たな才能を発掘する舞台として捉え、全国の高校生が熱狂できる大会を目指してきた。

大会名には「この舞台からすべてが始まる」という意味が込められている。

「競技プログラミング」は、問題を解決するためのアルゴリズムを考え、早く正確にコーディングするという要素から、eスポーツに通じる競技であり、STAGE:0の理念に通じると考えられる。

昨今、「競技プログラミング」は将来を担う先端IT人材を輩出する分野として注目が集まっている。

「STAGE:0」はこの取り組みを契機に、ゲームだけではないeスポーツの新たな価値・側面を見出し、社会に発信していくことを目指す。

競技プログラミングとは

競技プログラミングとは、与えられた問題をプログラミングで早く正確に解くことを競う、プログラミングコンテスト。

プログラミング言語に関する「知識」ではなく、問題を解くためのアルゴリズムを考え実装する、「プログラミングによる課題解決力」を競う。

競技プログラミングを通じて、プログラミングを楽しみながら、先端IT人材に求められる、アルゴリズムを考え実装する能力が高められる。

競技プログラミングが注目されている理由

近年、急速にIT技術が発達し、プログラミング能力を持つデジタル人材の需要が幅広い業界で高まっている。

経済産業省の調査によると、2030年にはIT人材が45万人不足すると推計。

大企業を中心にDX推進が求められている今、特に先端IT人材不足が顕在化しており、ITエンジニアの採用環境は年々厳しさを増している。

競技プログラミングが注目されている理由のひとつに、ビジネス界での競技プログラマーのめざましい活躍が挙げられる。

GAFAでは自社でプログラミングコンテストを開催して優秀な先端IT人材を世界中から集めていたり、日本でもAIなど先端IT技術を扱う企業では競技プログラミングで活躍していた方々が多く在籍し、その高い技術力を支えている。

競技プログラミングの流れ

本大会で出される競技プログラミングの問題

本大会では、最適解を効率的に求めるのが困難とされる問題に対して、「できるだけ良い解」を出すことを競う、
ヒューリスティックコンテスト形式の問題が出題される。

新型コロナウイルスによる内容変更の可能性について

新型コロナウイルスの感染状況に鑑みながら、参加者の安全を最優先に開催時期や運営方法を随時検討・対応するため、内容に変更が生じる場合がある。

参加する場合、3密(密閉空間・密集場所・密接場面)の重なりを避けた環境からの参加を推奨。

参加環境については、保護者(顧問の先生や両親)とも相談すること。

なお、開催に関して変更等が生じる場合は、大会公式ウェブサイトおよび公式Twitterで発表される。

大会運営

日本最大の競技プログラミングコンテスト「AtCoder」

AtCoderとは、毎週コンテストを開催している日本最大の競技プログラミングコンテスト。

ロシアの「Codeforces」、アメリカの「Topcoder」と並んで世界三大競技プログラミングコンテストと称され、世界の競技プログラマーに支持されている。

理系学生やITエンジニアを中心に世界で20万人を超えるユーザが登録。ユーザ数は1年ごとに2倍に増加するほどの人気を誇っている。

学生プログラマーの所属大学(プロフィール記入者のみ、2020年3月時点)

①東京大学 801人/②京都大学 377人/③東京工業大学 301人/④早稲田大学 172人/⑤大阪大学 145人

日本最大※1 の高校eスポーツの祭典「STAGE:0」について

『STAGE:0』は、eスポーツ競技の発展と、世界で活躍する日本人選手の輩出を目指し、全国の様々なパートナーと協力して立ち上げた国内最大級の高校対抗eスポーツ大会。

昨年は、日本全国の高校1,779校から2,158チーム・5,555名が大会に参加し、SNSでの配信視聴者数は約747万人※2を記録するなど大きな盛り上がりをみせた。

※1:2015年-2020年 高校生のみ(高等学校、高等専門学校、中等教育学校後期課程又は特別支援学校の高等部所属)を対象としたeスポーツ大会の参加者数(公表数)の調査に基づく(2021年3月15日時点)。

※2:2020年9月22日集計。決勝大会開催中の「Twitter」「Twitch」「You Tube」視聴者数の総計となる。今年は昨年を上回る、全国1,960校・2,234チーム・5,675名が大会に参加し、6月〜7月に全国8ブロックのブロック代表決定戦(オンライン・一部無観客オフライン)、 8月12日(木)~ 15日(日)に決勝大会(無観客オフライン)を予定している。詳細は下記公式サイトを参照。