オンライン英会話「CHATTY」提供のKEC Miriz、経産省「EdTech導入補助金」実証実験校を募集開始

教育機関専門のオンライン英会話「CHATTY」を提供する株式会社KEC Miriz(所在地:大阪市阿倍野区、代表取締役会長 小椋 義則)は、経済産業省が実施する「EdTech導入補助金」における実証事業参加校・自治体の募集を開始したことを発表した。

EdTech事業者であるKEC Mirizを通じて「EdTech導入補助金」の交付対象に選定されることで、対象期間中(2021年度9月から2021年12月下旬まで)オンライン英会話「CHATTY」を無償で利用できる。

「EdTech導入補助金」概要

経済産業省の「EdTech導入補助金」は、EdTech事業者による学校等教育機関における導入実証を支援することを目的に、2020年度より行われている。

「CHATTY」は、「使える英語を身に付ける」教育機関のためのオンライン英会話「CHATTY」を提供している。

学習指導要領に準拠した小学英語・中学英語教材、英会話に特化した教材、英検二次対策教材など、各学年やレベルごとに合わせて開発したオリジナルテキストを使用しており、講師とのマンツーマンレッスン、複数の児童生徒で行うグループレッスンなど、様々なニーズに答える柔軟性が最大の特徴。

Windows, Chromebook, iPad等、複数のデバイスに対応しており、導入の際は学校専属の担当者がサポートするので、先生は安心してレッスンに臨むことが可能。

EdTech導入補助金の対象は、自治体や学校等教育機関(小学校、中学校、高校、教育支援センター、一定の基準を満たすフリースクール他)。

仮申込みは次のフォームにて受け付けており、申し込み後、担当者から追って連絡が届く。

1次募集の申込締切は2021年6月11日17時まで。