ニチイ学館・東京学芸大・立正大の3者、保育園向け「STEAM教育プログラム」を開発

株式会社ニチイ学館(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:森 信介、以下ニチイ)は、国立大学法人東京学芸大学(住所:東京都小金井市 学長: 國分 充、以下東京学芸大学)及び立正大学(住所:東京都品川区 学長:吉川 洋)と、日本初となる保育園向け「STEAM教育プログラム」を共同研究・開発し、全国展開に先駆け、6月よりニチイキッズのモデル園2拠点の5歳児クラスにおいてSTEAM教育を開始することを発表した。

STEAM教育は、「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)」の5つの分野を横断しながら、広くつなげて学ぼうとする活動。

開発を進めている「STEAM教育プログラム」は、幼少期から、自然なかたちで楽しみながら、子どもたちの「自ら考えや思いを持ち、表現し、やってみようとする原動力」を育むことを目的とした教育プログラムである。

遊びや生活の中でSTEAMの各分野を横断的・総合的に触れながら、想像、観察による問題の発見、情報収集、分析による問題となる原因の特定、課題の設定、工夫、実践へと至るステップを踏みながら、協働して、創造的に問題を解決する力の素地を養う。

例えば保育園の「歌」に注目してみる。

楽しく歌うだけでなく、「歌詞」の意味や情景はどうだろう等、STEAMでは歌った先に、子どもたちが「自分なり」の想像や表現を楽しむことができる安心した空間と時間を設け、広がっていく子どもたちの表現を丁寧に捉える。

そして、十分に広がった「自分なり」の考えを「だれかのために」という視点で活動を展開させていく。

「だれかのために」という共通の目的に向かい、子どもたちは協働したり、調べ物をしたり、データを集めたりする。

子ども自身の発想や工夫が、誰かのためになる(エンジニアリング)経験を大事にすることが本プログラムの特徴である。

まずは、6月より千葉県柏市及び神奈川県横浜市のモデル園(5歳児クラス)にて「歌」や「劇」に係るプログラムを実施。

7月以降、プログラムの拡充とブラッシュアップを行い、10月の全国導入(5歳児クラス)につなげていく。

そして、3~4歳児クラス向け、2歳児クラス向けのプログラムを2023年を目処に開発し、ニチイキッズに通う全ての子どもに提供できる体制づくりを目指していく。

ニチイキッズでは、保育理念である「おもいっきり遊ぶ。おもいっきり学ぶ。」に資するSTEAM教育を教育要素の「核」として取り入れることで、園児たちが創造的、協働的に問題を解決できる環境を提供し、小学校への連結強化及び保育サービスの更なる質的向上へとつなげていく。

「STEAM教育プログラム」開発の概要

共同開発の背景

近年、AIやロボットをはじめとしたテクノロジーの発展はめざましく、テクノロジー化の進展に伴い、あらゆる人やモノと広くつながる新しい社会へと大きく変化している。

この新しい社会において、子どもたちには「どのような社会を創っていきたいかを考え、その思いを表現する力」が求められており、その力を身に付けるための教育手法として、STEAM教育が世界中で注目されている。

日本においても、2019年5月開催の教育再生実行会議において初等中等教育でのSTEAM教育の推進について言及され、高校教育での導入が検討されている。

このような社会環境において、ニチイ、東京学芸大学、立正大学は、保育活動の中で「思いを表現する、やってみようとする原動力を育むこと」がSTEAM教育の始まりとして大変重要であると考え、今回の共同開発に至った。

各者の役割

※本研究のマネジメントは「特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所」が行っている。同法人は、広く一般市民を対象として東京学芸大学の「知」(教育に関するノウハウ)を地域に還元していくことで、子どもが健全に育つ環境の整備、学校内外の教育力の向上に寄与することを目的とし活動をしている団体。

保育園におけるSTEAM教育について

保育園におけるSTEAM教育では、自分の思いを「自分なりに表現する(Art)」に留まらせず、「誰かのためにやってみる(Engineering)」にステップアップさせていくことがポイント。

保育活動にSTEAM教育の考え方をプラスし、子どもたちにアプローチしていく。

プログラム開発責任者コメント