立命館守山中・高等学校、SOMPOホールディングスの健康経営応援アプリ「Health Checker」の実証実験を開始

立命館守山中学校・高等学校(滋賀県守山市、校長:寺田佳司)、およびSOMPOホールディングス株式会社(東京都新宿区、グループCEO 取締役 代表執行役社長:櫻田謙悟、以下SOMPOホールディングス)は、同校の課外活動団体9団体を対象に、SOMPOホールディングスが開発・提供する健康経営応援アプリ「Health Checker」の実証実験を行うことを発表した。

立命館守山中学校・高等学校での実証実験について

コロナ禍を機に、日々の健康管理は国民の日常となった。

立命館守山中学校・高等学校でも、全教職員が「感染しない、させない」との強い意識をもって感染防止を徹底し、体調不良者が出た場合は迅速な状況把握に努めるとともに、授業や課外活動を休ませるといった指導を行っている。

昨今、企業や学校などで、社員や生徒の体調の一元管理を目的としたアプリの普及が進んでいるが、多くは体温計や検温器で測った数値や倦怠感の有無などをアプリに入力して使用するもの。

アプリとは別に計測用のデバイスが必要なこと、入力のひと手間を要すること、本人の感覚に基づく自己申告であることなどから、利便性・確実性については改善の余地があるのが実情である。

SOMPOホールディングスが開発を進める実証実験アプリ「Health Checker」は、スマートフォンやタブレットのカメラで顔をスキャンすることで、心拍数、呼吸数、酸素量を計測し、自動収集したデータを使って健康状態の一元管理ができるアプリ。

すでに企業や団体等で、健康経営の応援を目的とした実証実験を行っている。

今回、この「Health Checker」の学校現場における活用に向けて、全生徒が学習用iPadを保有する立命館守山中学校・高等学校で実証実験を行うことになった。

5月26日(水)から1学期末まで、課外活動団体9団体(別紙参照)に所属する生徒および指導者約450名が、自らのiPadにアプリをインストールして使用する。

なお、今回の実証実験で計測するデータは、心拍数、呼吸数、酸素量の3項目だが、将来的には体温の同時計測も含め、4項目の測定と管理が可能になる予定。

立命館守山中学校・高等学校、SOMPOホールディングスは、今回の取り組みを機に、ウィズコロナ時代におけるより安心安全な学校生活の実現のために、連携を強化していく。

期間

2021年5月26日(水)から1学期末

対象

課外活動団体9団体、生徒・指導者合わせて約450名(生徒421名/顧問・クラブ指導員・コーチ等 32名)

アメリカンフットボール部/サッカー部/陸上部/男子ハンドボール部/女子ハンドボール部/男子硬式テニス部/男子ソフトテニス部/バトントワリング部/男子バスケットボール部

内容およびスケジュール

  1. 生徒保有のタブレットにアプリをインストール(5/25までに完了)
  2. 対象者は部活開始前にアプリを起動し、心拍数、呼吸数、酸素量を計測(5/26~1学期末) ※体温は検温器で計測
  3. 指導者が部員のデータをチェック、内容によっては活動中止を指示(5/26~1学期末)
  4. 感染対策担当者(事務職員1名)が部員および指導者のデータをチェック(5/26~1学期末)

Health Checkerについて

開発者

SOMPOホールディングス デジタル戦略部

実証開始

2021年4月〜

対応OS

iOS, Android(一部機種を除く)

製品の特長

  1. スマートフォンやタブレットのカメラによる顔の映像から心拍数、呼吸数、酸素量を計測し、自動的にデータ管理
  2. 取得したデータはcsvやExcelに変換が可能
  3. 体調不良者発見時に「注意」アラートを発出(本人と指導者に対し、色でアラート)

Health Checker導入の利点

  • 継続しやすい:スマホやタブレットのアプリを起動し、顔面を1回スキャンするだけで、複数のバイタルデータを簡単に取得できる。
  • 確実な健康管理:教員・指導者が全対象の客観的なバイタルデータを速やかに取得して一元管理でき、適時に適切な指導を行うことができる。
  • 事務作業の効率化・働き方改革への一助:公式試合などで選手の健康状態を主催者に報告する際も、取得データをもとに加工すれば、手間をかけずに提出が行える。