公立高校の約7割、1人1台端末の配布が未開始 Studyplus調べ

学習記録SNS「Studyplus」を運営するスタディプラス株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志)は、2021年4月23日〜5月7日の間に全国の高等学校の教科主任を対象として「1人1台端末」整備状況やデジタル教材の導入状況に関するアンケート調査を行い、結果を発表した。

有効回答数は2,048件。

1人1台端末の配布が公立高校の約7割で未開始となっている他、私立含めても全学年への配布完了は2割未満に留まり、現時点では高校での1人1台環境の実現はまだ遠いことが明らかになった。

「全国の高等学校におけるデジタル教材活用・検討状況の調査」結果概要

1人1台端末の整備状況について

「1人1台端末の整備状況」については、全体で「高校1〜3年生の全学年が1人1台配布済み」との回答は2割弱にとどまった。

公立高校に限ると約7割が「1人1台配布していない」との回答であり、多くの公立高校ではまだ配布も開始していない状況。

一方、私立高校では「1人1台配布していない」との回答は36%であり、公立と私立の間で1人1台端末の整備状況に明らかな差がある。

1人1台端末の費用負担に関して

1人1台端末を配布している場合、費用負担者についても調査。

公立高校では64%が「設置自治体負担」、3割が「保護者負担」となり、都道府県ごとの方針によって負担者が分かれている。

私立の場合はほぼ全て保護者負担となっていた。

1人1台端末の機種に関して

1人1台端末を配布している場合、機種についても調査。

公立高校ではChromebookやSurface等のWindows端末が多い一方、私立ではiPadが多くの割合を占めており、ここでも公立・私立で傾向が異なっている。

その他の調査結果

  • 「配布端末を生徒は毎日持ち帰るのか」
  • 「都道府県ごとのICT整備状況の違い」
  • 「デジタル教材の検討状況」

など、その他の調査結果を全て閲覧できる完全版資料が用意されている。

調査概要

実施対象

全国の高等学校の各教科主任の先生

実施方法

FAXにてアンケート回答を依頼し、オンラインで回答を収集

実施期間

2021/04/23〜2021/05/07

有効回答数

2,048件