Globee、12週間のカリキュラムでTOEIC®平均198点UPを実現したAI英語スクール「ABCEED ENGLISH」を正式リリース

株式会社Globee(所在地:東京都港区、代表取締役社長:幾嶋 研三郎、以下Globee)は、2021年6月より、テクノロジーをフル活用したAI英語スクール「ABCEED ENGLISH」の提供を正式に開始することを発表した。

2021年2月に、AI英語教材「abceed(エービーシード)」の会員向けに開講したクラス(3クラス12名)では、12週間のカリキュラムでTOEIC®スコア平均198点UPを達成するなど、圧倒的な成果を実現している。

「ABCEED ENGLISH」概要

AIカリキュラムにより無理のない学習時間で圧倒的な成果を実現

ABCEED ENGLISHでは、一般的な英語スクールにおける長期間(6~12ヶ月)の学習や、コーチングスクールにおける長時間(3時間/日)の学習は必要ない。

テクノロジーをフル活用したデータドリブンなカリキュラムにより、学習効率を飛躍的に高め、無理なく継続できる学習時間(1.5時間/日)で圧倒的な成果を実現する。

ABCEED ENGLISHの特徴

① AIカリキュラム

abceedに掲載されている200タイトルを超える良質な教材の中から、受講生一人ひとりに最適な「単語帳」や「問題集」をAIが作成。

これにより、既にわかっている内容やレベルが高すぎて定着しにくい内容を省き、学習量を大幅に圧縮する。

学習はすべてabceedアプリ(iOS/Android/Web)上でいつでもどこでも行うことができるため、スキマ時間を中心に学習が可能。

これにより、学習時間の確保・継続も容易になる。

また、学習データはすべてトラッキングされるため、学習時間あたりの定着率や、類似問題正答率などの分析により、学習効率の定量的な測定・改善を可能にする。

② グループコーチング

どんなに素晴らしいカリキュラムがあっても、継続ができなければ成果には繋がらない。

日々の学習を継続していく上で伴走者となる指導経験豊富な専属コーチの存在は非常に大きな支えとなる。

さらに、グループコーチングにより、同じ目標に向かって切磋琢磨する仲間の存在が適度な緊張感を生み、カリキュラムをやり抜ける確率を大幅に高める。

③ 解説講義

同じ教材を使って学習しても、個人により理解度や定着度に大きな差が生まれてしまう。

解説講義では、効果的なトレーニング方法や、TOEICに出題される問題の傾向など、学習効率を高めるためのレクチャーを行う。

また、日々の学習データから個別に改善できるポイントを洗い出し、学習効率改善に向けた提案も行う。

④ チャットサポート

セッション外でも、abceed上のチャットにてコーチへの質問・相談が可能。

これにより、英語に関する疑問や、モチベーションに関する悩みなど、日々の学習で躓くポイントを解消していく。

⑤ スコアアップ保証

サービスのミッションに基づき、受講完了者には、TOEIC®150点UP(上限800点)を保証している。

万が一達成できなかった場合には、無償で継続サポートを行う。

株式会社Globee 代表取締役社長 幾嶋研三郎氏 コメント

これまでの日本の英語教育の仕組みでは、当たり前のように英語ができるようにはなりませんでした。高い学習効率と継続力を持ち合わせたごく一部の人だけが英語ができるようになる環境でした。

2014年にGlobeeを創業して以来、どうしたら誰でも英語ができるようになるサービスを生み出せるかを考え続けてきました。それを実現するには、圧倒的な学習効率の改善と、無理のない学習継続の仕組みが必要だと考え、創業から7年を経てようやくサービスに落とし込むことができました。

まずは、英会話の土台となる英語力(TOEIC®800点レベル)の習得に向けたTOEIC®対策コースを開始しておりますが、今後、英語基礎コース、ビジネス英会話コースの立ち上げを予定しております。最終的に、英語の基礎力(単語・文法・発音)、アウトプットの土台となるインプット力(LR)、実践的なアウトプット力(SW)の習得を各3ヶ月程度で可能にすることにより、基礎から始めて約1年で仕事や留学に必要な英語力を身につけることができるサービスを目指して参ります。