大阪府吹田市、いじめ防止相談ツール「マモレポ」を導入

いじめ・ハラスメント防止相談ツール「マモレポ」を提供する株式会社マモル(以下、マモル) は、全国の自治体初のGIGAスクール構想に基づく学習用端末を活用し、大阪府吹田市がいじめ防止相談ツール「マモレポ」を導入したことを発表した。

吹田市内54の小・中学校の児童・生徒に1人1台配備した学習用端末を活用することにより、これまでの学校生活アンケート等に加え、児童・生徒の声を受けとめる機会を増やすもの。

児童・生徒が直接学校や市教育委員会にいじめ相談・報告ができ、いじめ等の早期発見、早期対応につなげる取り組みとなる。

自治体として国が進める「GIGAスクール構想」を活用しての導入は初めて。

吹田市教育委員会学校教育部学校教育室 担当者コメント

吹田市では、いじめ防止の施策や取組を「すいたGRE・EN(グリーン)スクールプロジェクト」として位置づけ、学校・教育委員会・市が一丸となって取り組んでいるところです。

児童・生徒が少しでも相談しやすい環境を整え、声を聴く機会を増やしたいとの思いから、「マモレポ」を導入し運営しています。児童・生徒から届いた「声」に丁寧に寄り添っていきたいと考えています。

株式会社マモル 代表取締役 隈 有子氏コメント

教育現場ではいじめの実態を把握するとともに今まで以上に迅速・適切な対応が求められています。しかし、学校の先生の業務は多く負荷が増える一方です。

マモルが提供しているいじめ防止相談ツール「マモレポ」ではICT活用により、先生の負荷軽減を図るのみならず、いじめの早期発見・予防をすることが可能です。

今回「すいたGRE・EN(グリーン)スクールプロジェクト」として、同じ目標をもって進めていけることを大変嬉しく思います。学校・教育委員会・市そしてマモルが一丸となり、それぞれの強みを活かし いじめ対策に取り組むことによって、相乗効果が起こることを期待しています。また、吹田市での全国の自治体初のGIGAスクール構想に基づく学習用端末を活用した先進的な取り組みが起点となり、今後大きな広がりとなると思っています。

マモレポについて

マモレポは、いじめの予防や対策をしながら、学校生活で発生するいじめの悩みを相談、報告出来るサービス。

学校や教育委員会において、ヘルプサインを受信した場合には、相談内容に応じて対応を検討し、状況を確認しながら、児童・生徒とのやり取り、見守りなどを行う。

またマモレポ内のメッセージ機能を使用し、相談・報告のあった児童・生徒とのやり取りもできる。

マモレポの主な機能

  • 相談だけでなく、いじめに関する読み物を掲載。児童・生徒自身にいじめの定義の理解を促し、いじめを「しない」「させない」「許さない」土壌づくりを形成。いじめの早期発見、早期対応だけではなく、未然防止にも寄与。
  • 児童・生徒が直接学校や市教育委員会にヘルプサイン(いじめなどで困っていること)を送ることができる。被害者だけではなく、「見た」「聞いた」「参加した」と傍観者・観衆・加害者の立場からの報告や相談も可能。相談・報告行為の心理的ハードルを下げるため、匿名での相談・報告を選択できる。
  • 相談内容が「仲間外れ」や「言葉の暴力」などイラストで表示。小学校低学年の児童にも使いやすい設計を構築。
  • 端末が使用できる状況であれば、児童・生徒のタイミングで複数回、相談可能。

いじめ問題の現状と課題について

文部科学省が発表した「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について」によれば、2019年度の小・中・高等学校および特別支援学校におけるいじめの認知件数は、61万2496件となり過去最多を更新している。

またインターネットやSNSの普及により、いじめの多様化・複雑化が進んでいる。

大人の目が届きにくいSNSなどの閉鎖された空間で発生するいじめ等に対応するため、教育現場ではいじめの実態を把握するとともに今まで以上に迅速・適切な対応が求められている。