京都府舞鶴市とセールスフォースら、IT人材育成と雇用機会の創出を通じた継続的な地域社会の発展のため連携

京都府舞鶴市(市長:多々見 良三)と株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下、セールスフォース・ドットコム)、近畿職業能力開発大学校附属 京都職業能力開発短期大学校(所在地:京都府舞鶴市、校長:前田 晃穂)、インフォニック株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:菊地 宏)は、舞鶴市を拠点に世界最先端のIT教育環境を整備し、IT人材を育成するとともに、舞鶴市に在住しながらWebを通じて活躍できる雇用機会を創出することで、ITの力で継続的な地域社会の発展に寄与することを目的に、2021年5月28日に包括的連携・協力に関する協定を締結したことを発表した。

内閣府の「SDGs未来都市」に選定された舞鶴市は2030年に向けて、都会にはない豊かな自然や歴史・文化を最大限に生かすとともに、第4次産業革命と呼ば れるAIやICT等の先進技術を積極的に導入し、「舞鶴版 Society5.0」を推進していく。

その一環でIT人材の育成、地域外からIT人材や企業が流入する地域創り、リモートワーク等を通じて都市部の企業から多様な人材の誘致、新たなビジネス機会の創出や人材の育成などに取り組んでいる。

今回、セールスフォース・ドットコムのクラウドやソリューションを活用しながら、これらの達成に向けて取り組むことに合意し、包括的連携・協力に関する協定の締結に至った。

4者は本連携・協力に関する協定により、IT人材の育成と雇用機会の創出、IT教育環境の整備、クラウドコンピューティング技術の活用の諸分野につき、それぞれが有する資源を活用し、舞鶴市における組織的かつ効果的な取り組みを行うため、次の事項について連携・協力していく。

  1. IT人材の育成及び雇用機会の創出に関すること
  2. ITを活用した地域経済の活性化に関すること
  3. ITを活用した地域課題の解決に関すること
  4. その他前条の目的に沿った諸課題に関すること

セールスフォース・ドットコムは、舞鶴市が目指す世界最先端のIT教育環境を整備の実現に向け、継続的に支援していく。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づける手伝いをしている。

1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供している。