オンライン読書教育の習い事「ヨンデミーオンライン」リリース5ヶ月で累計ユーザー数1,000人を突破

オンライン読書教育の習い事「ヨンデミーオンライン」を運営する株式会社Yondemy(本社:東京都千代田区、代表取締役:笹沼 颯太)は、累計ユーザー数が1,000人を突破したことを発表した。

2020年12月23日のサービスの正式ローンチより5ヶ月以内での達成となっており、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた1ヶ月間の無料体験キャンペーン「今こそ! おうち時間で本をヨンデミー! キャンペーン」の無期限延長によるユーザー増加も要因となっている。

なお、生徒全体の累計感想提出数は15,000件を超えた。

また、株式会社Yondemyは、現生徒の保護者を対象に、生徒の読書状況や、「受講して良かったと感じたエピソード」などを調査し結果を発表した。

「ヨンデミーを受講して良かったと感じたエピソード」などの調査結果概要

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3回目となる緊急事態宣言が発令され、さらには宣言の延長まで行われた。

おうち時間の増長に伴い、子どもたちの家庭内での学びや経験の機会として、読書の重要性は増していく一方である。

そこで、ヨンデミーオンラインを通じた学びの機会をより一層豊かにすることを目的に、現生徒の保護者へのアンケート調査を実施し、現状の生徒の読書状況や、「受講して良かったと感じたエピソード」などを調査した。

調査結果

  • 約7割が「明日からヨンデミーオンラインが無くなったら、とても残念である」と回答
  • 「読書嫌い克服率」約7割を達成
  • AI司書ヨンデミー先生*を子どもたちが“信頼”する様子が。
  • 本を起点にした親子の会話が、“楽しい”や“感動した”などの声も。

*ヨンデミー先生とは、Yondemyが独自開発したAI司書の呼称。ヨンデミーオンラインでは、ヨンデミー先生から本がおすすめされるほか、本の楽しみ方を楽しく伝えるクイズ式レッスンも行われる。

1. 約7割が「明日からヨンデミーオンラインが無くなったら、とても残念である」と回答

ヨンデミーオンライン受講中の生徒の保護者の約7割が「明日からもうヨンデミーオンラインが使えなくなったとしたらどう思うか」という質問に対して、「とても残念である」と回答。

ヨンデミーオンラインが子どもたちの読書を支えるかけがえのない存在となっていることが読み取れる。

2. 読書嫌い克服率、約7割を達成

ヨンデミーオンライン受講前の生徒が「読書が元々好きではない・読書に元々苦手意識がある・読書が元々嫌いだった」と言う回答の割合は48.6%だが、ヨンデミーオンラインを受講している現在も「読書が好きではないと思う・読書に苦手意識があると思う・読書が嫌いだと思う」という回答は16.6%であり、約7割が読書嫌いを克服できていることが明らかになった。

また、「読書が元々とても好きだった」という回答は10%に対して、ヨンデミーオンラインを受講している現在は「読書がとても好きだと思う」という回答は30%となっており、ただ読書嫌いを克服するに留まらない変化を生んでいると読み取ることができる。

3. AI司書ヨンデミー先生を子どもたちが“信頼”する様子が。

【具体例】

それまで図鑑やなぞなぞ等興味のある本だけだった息子が、「ヨンデミー先生のおすすめ」といえばと全ての本を手にとるようになりました。

これまでの中でもお気に入りの絵本が見つかり、同じ作家さんの別の絵本がおすすめされると早く読みたがるようになりました。

本を読みたくて仕方ないため、やらなければならないことを自分からやるようになりました。

ヨンデミー先生への信頼は絶大で、親が薦めても見向きもしないのに、ヨンデミー先生のオススメというだけでチャレンジしてくれます。

4. 本を起点にした親子の会話が、“楽しい”、“感動した”などの声も

【具体例】

同じ本を読んでいるはずなのに、話す視点が全く違ったり、私はつまらないと思ったものを子どもはここが面白かった!と具体例を聞かせてくれたり。つまらないっていうのも感想だから、別にいいんだよ!とヨンデミー先生が言っていた言葉を言われたり。

その会話すべてが楽しい。

面白かった本はあらすじを教えてくれ、読んだ方がいいとおすすめしてくれます。

どろぼうのどろぼんは親も読んで感動し、こんな難しいレベルの本が読めるようになったのかと本の内容とは別に、娘の成長にも感動しました。

Yondemyは引き続き、オンライン読書教育の習い事「ヨンデミーオンライン」を通して、「日本中の子どもたちへ豊かな読書体験を届ける」というミッションを実現し、子どもたちの一生涯の成長を支える「学ぶ力」としての読書の楽しさを広めていく。

今こそ!おうち時間で本をヨンデミー!キャンペーン概要

受付期間

2021年1月22日〜 (2021年5月28日現在継続中。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の状況などを総合的に鑑みて、株式会社Yondemyが終了時期を決定)

内容

『ヨンデミーオンライン』を1ヶ月間無料提供(通常:2,980円/月)

申込み方法

下記URLより申し込み。

オンライン読書教育の習い事「ヨンデミーオンライン」について

「ヨンデミーオンライン」は、子どもが読書好きになるオンライン読書教育の習い事。

AI司書「ヨンデミー先生」から一人ひとりの興味・読む力に合わせた本のお薦めを受けたり、本の楽しみ方から学べるクイズ式レッスンやヨンデミー講師による本の紹介動で読書へのモチベーションを高めたり、日本中の生徒同士で本の感想をシェアして刺激を受けたりすることができる。

AI司書はヨンデミー講師の選書ノウハウを再現しており、子どもたちの読書状況を分析し、より難しい本やより幅広いジャンルの本を読むことができるように成長を促す。

2020年12月の正式ローンチより1,000人以上の子どもに受講され、「『ヨンデミーオンライン』を始めてから、読書が生活の一部になった」という声が多くの親子から寄せられている。

また、「ヨンデミーペアレンツサポート」や「ヨンデミーノウハウシェア」といった保護者向けのサポートも用意されており、保護者とYondemyが二人三脚となり、お子さんの読書を通じた成長を支えることができる。

機能特長

AI司書が一人ひとりに合わせて本をオススメ

ヨンデミー講師の選書ノウハウを再現した「AI司書」が、子どもの好みや興味に合わせるだけではなく、自然にステップアップしていけるように本をお薦めすることで、より楽しく成長へと繋がる読書体験を届けることができる。

本の楽しみ方から学べるクイズ式ミニレッスン

学校では教わらない本の楽しみ方や感想の書き方などを学ぶことができるレッスンを提供。

選択式のクイズに答えることで自動でレッスンが進行するため、文字入力の必要がないことはもちろん、24時間いつでもレッスンを受講することができる。

ゲーミフィケーションとコミュニティで読書をより楽しく

読んだ本の表紙や獲得したバッジが蓄積することで、子どもたちの読書へのモチベーションが高まる。

また、ヨンデミー生同士での感想のシェアが、子どもの読書意欲を刺激するとともに、新たな本との出会いも生み出す。