スタディサプリと”複業先生”が連携、富山県立高校で生徒の主体的な学習姿勢を育む実証事業を開始

テクノロジーとコミュニティの力で教育現場と社会を繋ぐ株式会社LX DESIGN (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金谷智、以下LX DESIGN)は、2021年7月1日(木)より、株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下リクルート)が提供するオンライン学習サービス『スタディサプリ』 と連携し、”複業先生”の授業を通じて、生徒の主体的な学習姿勢を育む実証事業を開始することを発表した。

今回、実施前後での『スタディサプリENGLISH 中高生英会話コース』の活用・定着に関して実証を進めるとともに、今後も連携して、同様の取り組みを広げていく。

”複業先生”では、学校に新たな関係人口を創出し、子どもたちにとって最高の学習体験をデザインしていく。

連携背景

学校向け『スタディサプリ』は先生の”生徒一人ひとりに寄り添いたい”をICTでサポートするツールとして、全国の高校で活用されている。

2021年4月から提供している「一人ひとりが英語力を活用する」機会を増やす『スタディサプリENGLISH 中高生英会話コース』は、中高生を主人公とした、ドラマ式レッスンで楽しみながら学習でき、AIを用いた発話練習でスピーキング力を高めることが可能。

今回、生徒一人ひとりの状況に合わせて、英語力を高め、その先にある将来の可能性の拡がりを感じる機会を生徒に提供したいとの思いから、多様な民間人材が学校の授業に参加してくれる、外部人材活用によるキャリア教育プラットフォーム”複業先生”と連携することとなった。

この連携を通じ、学校ごと、生徒ごとの課題に合わせた、外部人材を活用した授業実施を行い、学ぶ楽しさを実感できるような新たな学習体験の提供を目指す。

授業内容

7月1日(木)に、富山県立南砺福野高校に対するオンライン授業を行う。

英語学習の一環として、海外で活動する地元出身の”複業先生”が参加する予定。

生徒には事前に『スタディサプリENGLISH 中高生英会話コース』で学習をしてもらったうえで授業に臨んでもらい、新たな視点や情報を得ることで、これまで以上に英語学習への意欲を高め、主体的な姿勢を育む。

具体的な授業内容・タイムスケジュール

  • 9:30-9:35   導入、生徒による自己紹介
  • 9:35-9:55   ”複業先生”の自己紹介、プレゼンテーション
  • 9:55-10:05 グループワーク
  • 10:05-10:15 質疑応答

多様な民間人材が学校の授業に参加してくれる、外部人材活用によるキャリア教育プラットフォーム”複業先生”について

“複業先生”は、学校あるいは教育施設の先生が、教育に関わりたい多様な民間人材に授業をお願いできる教育特化型の外部人材活用プラットフォーム。

初期費用・案件掲載料無料のため、地方公立学校を中心に多くの学校に導入されている。

学校側は、これまで教員だけでは手が回りづらかったキャリア教育、探究学習・総合的な学習、プログラミング・グローバル・IT・起業教育・金融教育・性教育などの各領域において、民間人材の知見やネットワークを活用することができ、新たな学習体験を実現している。

“複業先生”サービス利用の流れ

  1. 学校、あるいは、教育施設の担当者がフォームから授業依頼
  2. ”複業先生”コーディネーターチームが課題や方針に合わせて、”複業先生”の繋ぎ、最適な授業づくりを支援
  3. ”複業先生”授業提供者とのオンラインでの打ち合わせを経て、授業実施

スタディサプリの学校導入について

学校教育のサポートツール『スタディサプリ for TEACHERS』は、先生の”生徒一人ひとりに寄り添いたい”をICTでサポートするツールとして、全国の高校で活用されている。

生徒の学習習熟度を『スタディサプリ 到達度テスト』で特定し、”苦手克服課題”として、生徒一人ひとりに合わせたオンライン講義動画を配信し、”宿題”として、クラス全員に特定の講義や確認テストを配信することが可能。

また、『スタディサプリENGLISH』では2020年4月より英語民間検定試験や共通テストに向けて、英語4技能すべてをトレーニングできるコース『スタディサプリ ENGLISH英語4技能コース』を提供している。

実際の試験で頻出の問題形式の講義動画と豊富な演習で、検定試験対策をすることができる。