代ゼミ、記述式AI採点技術を活用した高校生向けの現代文教材をリリース

学校法⼈⾼宮学園代々⽊ゼミナール[本部︓東京都渋⾕区/理事⻑︓高宮英郎](以下、代ゼミ)は、国立研究開発法人理化学研究所革新知能統合研究センター自然言語理解チーム[チームリーダー:乾健太郎](以下、理研AIP)が開発した「記述式AI採点の技術」を活用し、現代文における記述式問題の自動採点を含む高校生向けトレーニング教材の提供を2021年7月に開始することを発表した。

「記述式をAI採点する現代文トレーニング」教材概要

課外授業の教材や長期休暇中に活用できる自学自習用教材として

「記述式をAI採点する現代文トレーニング」教材は、大学入試対策を意識した9回分の問題を収録し、選択式問題と記述式問題のいずれの形式でもトレーニングが可能。

記述式の問題については、AIがそれぞれの採点基準をもとに採点。

その後、代ゼミ講師による解説動画を視聴して復習することで、記述式答案作成のスキルアップが図れる。

このことにより記述式問題も効率的に自学自習が可能となるため、課外授業の補助教材や長期休暇中の学習課題としても柔軟に活用できる。

内容

  1. 問題セット(問題9回分、解答用紙、解答解説)※「評論」と一部「小説」を含む現代文
  2. SMS(*)上で視聴可能な解説動画(総収録時間:3時間17分)

*SMSとは、代ゼミのサテラインゼミを視聴できるシステムのこと。

担当講師

船口 明(代々木ゼミナール教育総合研究所主幹研究員)

販売方法

高等学校等の団体向けに販売予定(販売価格 税込2,000円)

提供開始

2021年7月1日以降

なお本教材の自動採点システムのインフラ構築(クラウド)に関しては、株式会社Fusicより技術提供を受けている。

代ゼミと理研AIPの共同研究の成果

代ゼミと理研AIPは2017年度より共同研究を開始し、記述式問題の自動採点に関する研究を進めてきた。

研究の基礎資料を代ゼミが提供し、理研AIPが教育・学習を支援する自然言語処理技術の一つとして「記述式AI採点の技術」を開発。

記述式問題は学習者の思考力、表現力養成に欠かせないものである一方、採点にかかる時間や労力などの負担が大きい点に課題がある。

今回リリースされる教材は、こうした課題を解消し、教育現場の先生や学習者を支援することを目的に開発されたもの。

AI採点の即時性という利点を生かして、演習直後の復習により、学習効果向上の一助になることを願っているという。

今後も、教育現場の先生の声を聞きながら、一緒に課題解決に取り組んでいく。