聖徳大学、教員のための心理学講座「教員のワーク・モチベーションを高める方略」を6月26日に開催

聖徳大学大学院臨床心理学研究科、心理・福祉学部心理学科、同大心理教育相談所(千葉県松戸市)は6月26日(土)、教員のための心理学講座「教員のワーク・モチベーションを高める方略」をオンライン併用(「Zoom」使用)で開催することを発表した。

畦地良平准教授(同大学院臨床心理学研究科)が講師を務め、教師の働く意欲を高める方略や教育実践との関係を扱いつつ、メンタルヘルスを高める方法について考える。

会場定員20名、Web定員100名で、参加無料。要事前申し込み(申込期限6月23日(水))。

教員のための心理学講座「教員のワーク・モチベーションを高める方略」概要

聖徳大学心理教育相談所は2017年度から「教員のための心理学講座」を開催しており、5回目となる今回は「教員のワーク・モチベーションを高める方略」をテーマに、会場参加のほか、オンラインも併用して実施する。

昨今、若い教員のメンタルヘルス不調による休職が増え、国や千葉県でも対策が必要とされている。

心理学的には、メンタルヘルスとワーク・モチベーションは関連していることがわかっているが、それらは生徒の教育とどう関係しているのだろうか。

今回の講座では、教師の働く意欲を高める方略や教育実践との関係を扱いつつ、メンタルヘルスを高める方法について考えていく。

日時

令和3年6月26日(土)13:00~15:30

場所

聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)14階

アクセス:JR常磐線・JR乗り入れ地下鉄千代田線・新京成線とも松戸駅下車、東口より徒歩1分

講師

畦地良平(聖徳大学大学院臨床心理学研究科准教授)

参加

無料

開催方法

  • 会場参加(定員20名)
  • Web参加(定員100名)「Zoom」によるオンライン配信

※いずれも事前申込先着順。定員に達し次第、受付終了。新型コロナウィルスの影響によりWeb開催のみになる可能性あり。

申込方法

令和3年6月23日(水)までに、下記のフォームより申し込み。

※申し込み後、7日以内に登録したメールアドレス宛に詳細な案内が届く。@wa.seitoku.ac.jp からのメールを受信できるように設定すること。

主催

聖徳大学大学院臨床心理学研究科、聖徳大学心理・福祉学部心理学科、聖徳大学心理教育相談所

後援

松戸市教育委員会