パーソルキャリアとキカガク、最先端IT人材の育成および転職支援における業務提携契約を締結

転職サービス「doda」などを提供するパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎、以下パーソルキャリア)は、人工知能(AI)領域を含めた先端技術に関する教育事業を展開する株式会社キカガク(本社:東京都千代田区、代表取締役 大崎 将寛、以下キカガク)と、最先端IT人材の育成、および転職支援における業務提携契約を締結したことを発表した。

これによりパーソルキャリアは、キカガクが提供する「AI人材育成長期コース」の受講生に対し、転職サービス「doda」を通じ転職支援を行う。

業務提携に至った背景

近年、産業構造の変化に伴い業界を問わずさまざまな企業でDXに対する取り組みが本格化してきている。

しかし、これを担うことのできる最先端のITスキルを持つ人材は常に足りておらず、2020年時点ですでに5万人、2030年には55万人が不足※するといわれている(※経済産業省「IT人材需給に関する調査」)。

経済産業省が第四次産業革命スキル習得講座(通称Reスキル講座)を設けるなど、国を挙げて人材育成を促しているが、さらなる対策が急務である。

そこで、人材業界で長年にわたって転職支援を手掛けてきたパーソルキャリアと、人工知能 (AI) 領域を含めた先端技術に関する教育事業を展開するキカガクは業務提携し、最先端IT人材の育成から転職・就職までを一貫して支援することとなった。

連携スキーム

キカガクが提供する、個人のキャリア形成やスキルアップを目的としたAI・機械学習に特化したプログラミングスクール「AI人材育成長期コース」の受講生のうち、転職希望者に対して本人の同意を得たうえで、IT業界に精通したパーソルキャリアの「doda」キャリアアドバイザーが、転職・就職活動を支援する。

本提携を通じて、パーソルキャリアとキカガクは、先端IT人材の不足という社会課題に貢献していくことを目指す。

プログラミングスクール「AI人材育成長期コース」について

「AI人材育成長期コース」はゼロから AI・機械学習・ディープラーニングを学び、AI 搭載のアプリケーション開発までを一気通貫で行うプログラミングスクール。

講座を通じて、DX 推進人材、データサイエンティスト、AI エンジニアとしての幅広い技術力、問題解決能力、受講後の自走力を身につけることができる。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。