佐賀県上峰町の上峰小学校と上峰中学校、セイハネットワークのオンライン英会話で英語の授業を実施

セイハネットワーク株式会社(以下、セイハネットワーク)は、佐賀県上峰町(町長:武廣勇平、以下、上峰町)の町立校である上峰小学校と上峰中学校においてオンライン英会話にて英語の授業を実施する業務委託契約を締結したことを発表した。

上峰町立小・中学校オンライン英会話業務委託契約締結式  2021年5月17日 上峰町民センター 左から上峰町教育委員会 教育長野口敏雄氏、セイハネットワーク 代表取締役 坂口正美

上峰町教育委員会は、佐賀県内で初めて2015年度より小学3年生から6年生にオンライン英会話授業を順次導入し、さらに2021年度より中学校の新学習指導要領で英語の「話す力」の育成が協調されることなどから、オンライン英会話を導入してから7年目の2021年度は、町立中学校全学年に対象を拡大し、マンツーマンでのオンラインレッスンを導入することとなった。

セイハネットワークでは、オンライン英会話をフィリピンセブから配信している。

全国の小学校、中学校、高等学校などにも導入実績があり、楽しく充実したレッスンや安定した回線で質の高いレッスンを提供している。

セイハネットワークのオンラインレッスンについて

セイハネットワークのオンラインレッスンは、フィリピンセブから配信するオンライン英会話教室。

個人向けのオンライン英会話「UPトーク」に加えて、学校及び法人向けのオンライン英会話「UPトークtime」、幼稚園保育園向けの「UPトークplay」などオンライン英会話を多数取り揃えている。

レッスン内容は、教育委員会や各学校のニーズに応じて、学習指導要領に準拠した授業を行う。

また、文部科学省検定済教科書会社との業務提携を通して、最適な教材を提供している。

授業後には定期的に担当外国人講師による情意面や認知面の評価を行い、各学校へ評価シートを提出。

フィリピン第2の都市「セブ」オフィスは、PEZA(フィリピン経済特区庁)の承認を受けたことで経済特区内(セブビジネスパーク)にあり、日本と同等のIT環境の中でレッスンを提供することができる。

また、フィリピン大学との協力体制を持ち、セイハネットワークの外国人講師は、教員免許保持者やTESOL、TESDAの資格を持ち、全講師オフィスに出社しレッスンを提供している。