西大和学園、三井住友カードのVisaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」で学内キャッシュレス化を推進

学校法人西大和学園(本社:奈良県北葛城郡、理事長:田野瀬 太樹、以下:西大和学園)と三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、社長:大西 幸彦、以下:三井住友カード)は、2021年5月21日(金)より、三井住友カードが提供するVisaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」と、「stera terminal」の導入により、西大和学園での学内キャッシュレス取引を開始したことを発表した。

西大和学園の「かぞくのおさいふ」と「stera terminal」導入概要

背景

これまで、西大和学園では同学園が運営する青雲寮・清栄寮の入寮者約200名の日常的な食費やお小遣いを学校が一時的に立替払いし、保護者に対して後日請求するという運用を行っており、学校と保護者の精算面での事務負担が大きいことが課題となっていた。

また保護者からは、支給したお小遣いが本来の用途で使われているかが分からないという課題や、コロナ禍において、日常的に現金に触れることへの懸念から学内でのキャッシュレス化を望む声が寄せられていた。

導入内容

(1)「かぞくのおさいふ」を学校推奨キャッシュレス手段に

寮生活を送るうえで、学校内外の「生活費決済」を、より便利に行えるように三井住友カードが提供するVisaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」を導入。

この「かぞくのおさいふ」は、家庭内のお金の流れをキャッシュレスにすることで家計管理や子どものお小遣いの管理を簡単・便利に実現するサービス。

「かぞくのおさいふ」の主な特徴

  1. プリペイドカードなので予めチャージした残高内でのみ利用可能。使い過ぎを防ぐことができる。
  2. 保護者のPC、スマートフォン、アプリからいつでもチャージ可能。
  3. 子どものカード利用の都度、使ったお店や残高といった情報を受け取れる。

「かぞくのおさいふ」を活用することで、西大和学園が介在することなく、寮生と保護者間で直接お小遣いや仕送りが可能になった。

また、子どものお金の使い方については、残高の管理や利用内容の通知により、家庭で上手なお金の使い方について話す機会が増えることをきっかけに、進化を続けるキャッシュレス時代の入門として活用されることも今回の取り組みとして期待されている。

なお、西大和学園では今後、寮生以外の全校生徒へも、拡大を検討しているという。

(2)学内キャッシュレス端末の普及

これまで、西大和学園内の食堂や売店の支払い手段は現金のみだったが、キャッシュレス決済対応型自動券売機、stera terminalを導入し、「かぞくのおさいふ」による決済が可能となった。

昼食時の混雑緩和やコロナ禍による衛生面での課題を解決することができる。

​​三井住友カードは、キャッシュレス決済のリーディングカンパニーとして、安心・安全で便利なキャッシュレス社会を実現するため、顧客一人ひとりのニーズに合わせたキャッシュレス決済サービスの提供に加え、家庭のより快適なキャッシュレスライフの実現に向け、取り組んでいく。