パーソル、“出世払い型”プログラミングスクール「CODEGYM」運営のLABOTへ出資

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:和田孝雄)は、出世払い型のプログラミングスクールやプログラミングのコーチングサービス「CODEGYM」を手掛ける株式会社LABOT(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:鶴田 浩之)への出資を決定したことを発表した。

なお本出資は、PERSOL INNOVATION FUND合同会社(本社:東京都港区、代表パートナー:加藤丈幸)を通じて実施された。

また、最大1,000名の学生を対象にプログラミング学習を無償で提供する支援プロジェクト「CODEGYM Academy」にも協賛し、コロナ禍で学習・就活に影響を受けた学生を支援、日本の未来を担うテクノロジー人材の育成に貢献していく。

「CODEGYM Academy」概要

最大1,000名の学生を対象にプログラミング学習を無償で提供する支援プロジェクト

新卒エンジニアに特化した6カ月間のプログラム。

教材は米ハーバード大学の「CS50」をメインに採用している。

基礎的知識からPython/Djangoを使用したWebアプリケーションの開発、ユーザーインターフェース、セキュリティやテストなど、実践的なWeb開発スキルを身に着けることができる。