メイツ、教育機関向けICT教材「英検®アプリ」準1級コンテンツを6月にリリース

株式会社メイツ(本社:東京都新宿区、代表取締役:遠藤尚範、以下メイツ)は、英検®合格に特化した教育機関向けICT教材『英検®アプリ』の英検®準1級コンテンツを2021年6月1日(火)にリリースすることを発表した。

アプリ上で従来の英検®5級から2級に加えて、英検準1級の対策が可能になる。

「英検®アプリ」商品概要

今回リリースされた準1級コンテンツの活用例

※写真はイメージ

英語外部検定利用入試の対策講座として

英検®の取得級が大学入試の英語の試験得点に反映される『英語外部検定利用入試』に合格するための対策講座として利用できる。

英検®を取得し、英語外部検定利用入試を受けることで多くの大学の入試の英語について一定の点数UPを保証することができる。

これにより、他の科目の受験指導に時間を割けるようになり、多くの合格実績を残すことが期待される。

英検®の外部検定利用を実施している難関国公立・私立大学の多くがAO入試・学力試験の加点・免除の基準として、英検準1級、もしくは英検準1級合格程度のCSEスコアを要求している(※英検HPより)。

そのため、英語外部検定利用入試を利用して難関大学の受験を有利にすすめるためには準1級が取得できるかが重要となるのだ。

難関大学対策として

英検®準1級の学習をすることで、難関大学の試験対策としても利用できる。

準1級は必要単語数が約8000語程度と最難関私立大学入試レベル。

長文や英作文も難関国公立大学入試と同様の難易度となっているため、その対策をすることで難関大学合格レベルの英語力を養うことが可能。

英検準1級の学習をすることで、英検取得と同時に大学受験入試合格に必要な英語力をつけられる。

英検準1級講座の開設が可能

高校生を指導している教育機関に向けて英検®準1級合格に向けた直前対策の演習教材として利用できる。

AO入試や推薦入試を希望している生徒へ英検®準1級取得に向けたコンテンツとしても活用できる。

また、筆記試験問題やリスニング問題も充実しているため、教材を使用することでより英語力を身につくことができる。

直前対策ではなく、通常の指導として活用することも可能。

準1級追加コンテンツ内容

紙の問題集2冊分の問題を搭載

追加コンテンツには、約420問の問題数を搭載。

選択形式や英作文対策のオリジナル問題を搭載していて、診断テスト、大問別対策、英単語学習など、英検®に合格するために必要な演習対策を行える。

Real-Life形式などの最新の英検®問題形式に対応

最新の英検の出題形式に対応した問題を独自作成しているため、本番さながらの英検®準1級対策学習をすることができる。

準1級からリスニング問題に出題される『Real-Life形式』の内容も搭載しており、館内放送やメディア放送、留守番電話などの生活テーマに応じたリスニング問題に対応。

実際の準1級の試験内容に沿ったオリジナル問題を搭載しているため、学習すればするほど準1級合格を期待することができる。

対象級

5級、4級、3級、準2級、2級、準1級

提供プラットフォーム

WEB

利用可能デバイス

iOS, Android, Windows, macOS, Chromebook

バージョン

対応OS

  • Windows 10 (ver: 1809 <= )
  • macOS (ver: Catalina <=)
  • Android (ver: 10 <=)
  • iPadOS
  • iOS (ver: 12 <=)

ブラウザ(動作確認バージョン)

  • Windows:Chrome 83.0.4103.116(64 ビット) / Edge 83.0.478.61 (公式ビルド) (64 ビット)
  • macOS:Safari 13.1.1 / Chrome 83.0.4103.116(64 ビット)
  • Android:Chrome 83.0.4103.106
  • iPadOS:Safari 13.1.1 / Chrome 83.0.4103.88

※英検®は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではない。