Makeblockがネットワーク対応のSTEAM教材「mBot2」を販売開始、オンライン説明会を6月2日に開催

世界140か国以上の国・地域でSTEAM教育のソリューションを提供するMakeblock Co., Ltd(以下Makeblock、本社:中国深セン市、創業者CEO:王建軍)の日本法人 Makeblock Japan 株式会社は、2021年6月4日より、初等中等教育におけるプログラミング教育やSTEAM教育で活用できる、ネットワーク対応の次世代ロボット「mBot2(エムボットツー)」の販売を開始することを発表した。

また、発売を記念して、6月2日に教育関係者に向けたオンライン説明会を開催する。

「mBot2」製品概要

2020年度から全ての小学校でプログラミング教育の必修化が始まり、中学校や高等学校、高等教育機関などでもプログラミング教育の実践が行われている。

より高度な学習活動を実現する教材への需要の高まりを受け、Makeblockは、2021年2月にマイクロコンピュータ「CyberPi(サイバーパイ)」の販売を開始。

今回、CyberPiを搭載したネットワーク対応の次世代ロボット「mBot2」の提供を開始する。

mBot2は、これまでMakeblockが世界各国で提供してきた「mBot」の実績に基づき、研究と開発を重ねて改良された上位版の製品である。

mBot2を用いたプログラミングやSTEAMの学習は、AIやIoT、機械学習、データサイエンスなどの分野で重要な基礎知識の習得を促進する。

特徴

CyberPiを搭載したmBot2は、Wi-Fiモジュールによるネットワーク通信機能の実装や、フルカラーディスプレイ、スピーカー、マイクなどの豊富な入出力モジュールを活用した、より高度で複雑なプログラミングやものづくり体験を可能に。

mBot2のエンコーダーモーターは、回転、速度、位置を正確に制御できるよう改良され、超音波センサー2は、8個のプログラム可能なLEDが搭載されたことにより、充実したインタラクションをもたらす。

また、4点で同時にラインを追従しながら色を検出するクアッドRBGカラーセンサーによって、より正確 で安定した動作を実現。

さらに、複数の異なる規格ポートを備えたmBot2拡張ボードから、Makeblock製のmBuild(エムビルド)や他社製の電子モジュールを接続し、多機能なロボットを開発することができる。

内容物

CyberPi / mBot2 拡張ボード / 超音波センサー2 / クアッドRGBセンサー / エンコーダーモーター、ケーブル / シャーシ / 車輪 / ローラーボール / スリックタイヤ / mBuild 接続ケーブル(10cm、20cm)/ M4*25mm、M4*14mm、M4*8mm、M2.5*12mm ねじ / ドライバー / ライントレースマップ / USBケーブル(Type-C)

メーカー希望小売価格

16,900円(税別)

mBot2オンライン説明会の概要

MakeblockはmBot2の発売に際して、6月2日にオンライン説明会を開催する。

製品を実際に使用された教育関係者をゲストとして招き、初等中等教育におけるプログラミング教育でいかにmBot2を活用できるかについて紹介する。

さらに、学校や教育委員会向けに、期間限定のお得なキャンペーンも提供する。

日時

2021年6月2日(水)18:00~19:00

会場

オンライン(Zoom開催)

料金

無料

内容

mBot2の製品紹介、教育現場での使用感、教材の解説など

対象

STEAM教育・プログラミング教育に関心のある教育関係者

定員

100名(先着)

mBot2販売開始企画!お得なキャンペーンについて

  1. 9台のmBot2購入で1台のmBot2を無償提供
  2. 6台の(mBot2の基板である)CyberPi購入で1台のCyberPiを無償提供

対象

学校または教育委員会(※先着20の学校または教育委員会まで)

キャンペーン期間

発売日から2021年6月30日

条件

各学校または教育委員会への無償提供台数は最大10台までとする。