明治大学専門塾「MEI-PASS」LINEを用いたDX化を推進し生徒数10倍、満足度90%台に

シンゲキ株式会社(本社:東京都港区海岸1-4-22SNビル 代表取締役社長:菅澤孝平 以下MEI-PASS)の運営する日本初(※1)の明治大学専門塾「MEI-PASS」が公式LINEを使ったNoCodeによるDX化を推進し生徒数が10倍(※2)・満足度が90%台(※1)に到達したことを発表した。

※1:自社調べ
※2:2018年度の生徒数と比較

「MEI-PASS」とは

MEI-PASSとは、明治大学合格専門の塾。

明治大学に特化した

  • 個別学部入試
  • 総合型選抜入試
  • 指定校推薦
  • 英検利用型入試

の指導を行っている。

受講形態

  • オンライン受講
  • オフライン受講

オンライン受講

全国どこでもオンラインで受講可能。

近くに予備校がなくとも・頼れる大人がいなくともMEI-PASSなら全国どこでも受講することが可能。

オフライン受講

東京のオフィスで直接指導するコース。港区に位置するオフィスで講師の白熱した指導を直接受けることが可能。

MEI-PASSが推進する”NoCodeによるDX化”とは

MEI-PASSでは、LINE公式アカウントLステップAPIを接続し自由自在に顧客管理・顧客教育を行えるシステムを構築。

プログラミングを利用したり、コードは一切書かずに自社の非エンジニアが作成。

塾・予備校で行われる面倒な書類手続きを全てLINE公式アカウント上で行えるようにした。

今後とも保護者・生徒の負担が軽減され、勉強だけに目を向けられる環境を構築するためにDX化を推進していく。

どのタイミングで利用されるのか

①入会・退会の手続き・コース変更の手続き・スポット指導・友達招待キャンペーンの手続き​

  • 入会・退会手続き:塾や予備校では基本「書類」での手続きが一般的だが、MEI-PASSでは全て「オンライン」「電子」で対応している。
  • コースの変更・スポット指導手続き・友達招待キャンペーン:コースの変更・スポット指導・友達書類キャンペーンも回答フォームに回答するだけで手続き可能。小難しい書類に記入することは一切必要ない。

②教育コンテンツメイパスクエストの配信

メイパスクエストとは、公式LINE上でMEI-PASS代表の菅澤氏が解説した「勉強法動画」を見て勉強法や勉強における思考を身に着ける仕組み・システムのこと。

現在、勉強法や勉強における思考を解説したWEB記事や動画は沢山ある。「情報」に価値がある時代ではなくなってきた。

MEI-PASSは「最後までやり切らせる」「管理する」ことに価値があると考えている。

そのため、MEI-PASSは「勉強法の動画をただアップする」だけでなく、「勉強法の宿題」を課し実際に勉強における思考が身に付いたかどうかテスト・確認をする仕組みを用意。

そうすることで、「受かる受験生の思考」を手に入れ、受かる受験生になれるとMEI-PASSは考えているという。

塾や予備校でもこのようなシステムを構築するのには莫大な費用がかかったり、作っても塾が終われば見ないこともちらほら。

しかしMEI-PASSは公式LINE上で行うからこそ、莫大な費用はかけずに身近なLINEというアプリの上で気軽に勉強が出来るようになる。

③限定動画の視聴

MEI-PASSのLINE公式アカウントでは、限定動画の視聴が可能。

参考書やカリキュラム・範囲について解説した動画となっている。

塾によっては「独自のシステム」を構築するが、LINE公式アカウント上で確認できてしまえば気軽にアクセスが可能。

④顧客管理

MEI-PASSの生徒の情報をすべてLINE上で一括管理している。

  • どういう生徒か
  • どういうコースを選択しているのか
  • どういう勉強状況なのか
  • 勉強時間は継続的に取れているか
  • いま悩んでいることは何か

生徒の情報がすべてがLINE上でつかめるようになっている。

「生徒が今どのような状況か」を把握し、改善を促すのがMEI-PASSである。

※個人情報保護のため画像をぼかしている。

※上記機能の閲覧・利用ができるのはMEI-PASS入会者のみとなっている。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。