立命館大とNICTが日々感謝を記録することで学習モチベーションが向上することを明らかに 2週間の「感謝日記」の効果は3か月後も維持

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長:徳田 英幸)と立命館大学(学長:仲谷 善雄)は共同で、日常生活の中で起こる様々な出来事や、その対象となる人々に感謝したことを記録することにより、学習モチベーションが向上することを、クラウドシステムを使って実験的に明らかにしたことを発表した。

「感謝日記」を用いた学習モチベーションに関する実験結果概要

  • 感謝したことを一日一回振り返り記録することで、学習モチベーションが向上することが明らかに
  • 毎日の「感謝日記」の記録と、心理的効果の計測を同一クラウドシステムで実現
  • 教育現場で、「感謝日記」に基づく学習モチベーション向上プログラムの開発につながる可能性

今回、NICT未来ICT研究所脳情報通信融合研究センター(CiNet)のNorberto Eiji Nawa主任研究員と、立命館大学グローバル教養学部の山岸典子教授は、クラウドシステムを独自に開発し、日々感謝した事項を記録する(「感謝日記」)とともに、学習モチベーションを含む心理的変化を長期間にわたり計測することを実現。

その結果、2週間にわたって、日々感謝を記録することが、学習モチベーションの向上に影響を与えること、さらに、その効果が3か月後まで維持されることを明らかにした。

この成果は、教育現場における、「感謝日記」に基づく学習モチベーション向上プログラムの開発などに役立つと期待されている。

本研究成果はBMC Psychologyに日本時間5月13日(木)21時に掲載される。

※本研究の一部は、立命館大学稲盛経営哲学研究センターの研究助成を受けて行われた。

背景

人は「感謝すること」で、「幸福感」が向上し、「ウェルビーイング」とよばれる身体的、精神的、社会的に良好な状態が向上することが、ポジティブ心理学の研究で広く支持されている。

しかし、「学習モチベーション」の向上に「感謝の感情」が影響しているかどうかは分かっていなかった。

これまで、良いことをしてくれた人に対して「感謝の手紙」を書いて渡すことで「学習モチベーション」が向上するかどうかを調べる実験が行われたが、「学習モチベーション」の向上は見られず、感謝の手紙を一回書くだけなので「感謝の感情」の変化による影響が小さかったのではないかと議論になっていた。

そこで本研究では、感謝について一回考えるのではなく、2週間にわたって、毎日、感謝したことや感謝した人のことを書く、「感謝日記」(図1参照)を利用する方法を用い、「感謝の感情」が大学生の「学習モチベーション」に与える影響を確かめる実験を行った。

今回の成果

感謝による学習モチベーションの変化(バーは標準誤差を示す)

今回、共同研究グループは、独自のクラウドシステムを開発することで、毎日、感謝したことを書く「感謝日記」を記録するとともに、学習モチベーションなどの心理変化を記録することを可能とし、これにより、感謝について記録することが、学習モチベーションを向上させることを明らかにした。

また2週間の「感謝日記」の学習モチベーションへの効果は、1か月後、3か月後でも維持されることがわかった。

今回の実験の特徴は、カレンダー型のインターフェースを持つクラウドシステムの利用により、これまでの紙媒体の「感謝日記」では難しかった、毎日、長期間にわたり、確実に一日に一度、感謝したことを振り返る時間を持つことを、容易に遂行できるようにし、電子化によって解析が容易になった。

なお、本実験は、2019年の春休みと夏休みの期間に行われた。

実験参加者は84名の大学生で、「感謝日記」を書くグループと、書かないグループに、ランダムにグループ分けされた。

どちらのグループの参加者も、それぞれの日常生活の中で、一日に一回、スマートフォンやPCから、クラウドシステムにアクセス。

システムにログインすると、カレンダーが現れ、その日に行うことが示され、「感謝日記」の記述や、心理指標課題に取り組んだ。

その結果、「感謝日記」を書くグループのうち、与えられた課題をほぼ毎日行った実験参加者は、学習モチベーションが有意に向上したことが分かった。また、この効果は、3か月後まで維持されることも分かった。

これに対し、「感謝日記」を書かなかったグループでは、学習モチベーションの有意な変化はなかった。

感謝による無気力要因の変化(バーは標準誤差を示す)

さらに、学習モチベーションを構成する3つの要因(内発的モチベーション、外発的モチベーション、無気力)のうち、「感謝日記」を書くグループでは、無気力要因が2週間で下がることが分かった。

つまり、2週間にわたって、毎日、感謝を記録する時間を持つことで、「無気力」が下がり、学習モチベーションが上がることを、実験で明らかにした。

今後の展望

学習モチベーションに、感謝の感情が影響を与えるという本研究の結果は、「感謝日記」のような感謝する機会を提供することで、学習モチベーションを向上させることができることを示唆している。

教育現場で、既存のモチベーション改善プログラムに加えて、感謝することを活用した、数週間程度の比較的短い期間で、数か月に及ぶ効果のある、モチベーション向上プログラムの開発に役立てられることが期待されている。

今後は、今回明らかになった学習モチベーションの向上を裏付ける、心理学的・脳科学的メカニズムの解明を目指すという。

掲載論文

共同研究グループと役割

  • 国立研究開発法人情報通信研究機構: 実験デザインの作成、実験装置等の提供及び実験システムの構築、実験結果の解析と解釈
  • 立命館大学:実験デザインの作成、実験結果の解析と解釈