アドビ、アドビツールを使ってイノベーティブで実践的な活動を行う教育者「Adobe Education Leader」に26名を認定

アドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神谷 知信、以下アドビ)は、アドビが運営する教育関係者コミュニティ参加者の中でも特にイノベーティブな活動が期待される、日本在住の教育関係者26名を2021年度の「Adobe Education Leader(以下AEL)」として認定し、発表した。

合わせて、アドビが提供するセルフラーニングコースであるAdobe Creative Educatorプログラムのレベル1を、5月13日より日本語で提供する。

2021年度「Adobe Education Leader」認定者について

AELは、アドビツールを使って特にイノベーティブで実践的な活動を行っている小中高校、大学の先生をアドビが年度ごとに認定するもの。

アドビがグローバルで設定する選出基準に照らし、書類選考と面接を経て、日本からは26名を認定した。

世界全体で毎年300名ほどが認定されている。日本での認定は今年で3回目となる。

今年度のAELの先生の内訳は以下の通り。

勤務先学校種別

小学校2名、中学校1名、中高一貫校13名、高等学校4名、大学2名、専門学校1名、特別支援学校1名、インターナショナルスクール1名、教育委員会1名

今回選出された日本のAELは、アドビツールを活用したクリエイティブな学びの実践についてセミナーイベントを開催したり、オンラインでの情報共有を行ったりするなど、積極的に教育業界向けの情報発信を行う。

アドビはAdobe Creative Cloudライセンス1年分を提供するほか、世界中の AELの実践情報を受け取る機会を作り、支援を行う。

また、Adobe Creative Educator プログラムは、クリエイティブな学習のプロセスと授業内外の事例をオンライン上でオンデマンドで学ぶことができるもので、AELだけではなく広く教育関係者なら誰でも無料で受講することができる。

2020年の開始以降、これまで英語のみで提供されていたが、GIGAスクール活用元年の今年、デジタルを活用したクリエイティブな学習に関する知見を日本で広く提供するため、今回日本語化を完了した。

アドビのデジタライゼーションマーケティング 本部長 小池晴子氏コメント

コロナ禍の影響でGIGAスクール構想が前倒しで進められ、日本の教育のICT化は今まさに転換期を迎えています。しかし現場の先生方には十分な準備の時間が与えられたとはいえず、戸惑いもあるかと思います。AELの先生方の取り組みやAdobe Creative Educatorプログラムを通じて、デジタルツールを活用したクリエイティビティ育成のアイディアを得る機会を先生方に提供し、教室での実践をれば幸いです。


ABOUT US

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。