CODEGYM、米ハーバード大のコンピュータサイエンス入門講座「CS50」を日本語化し無償公開

プログラミング学習サービス「CODEGYM」を提供する株式会社LABOT(東京都渋谷区、代表取締役 鶴田 浩之)は、2021年5月13日(木)、米ハーバード大学がオンラインで無償公開しているプログラミング学習、コンピュータサイエンスの入門講座「CS50: Introduction to Computer Science」及び「CS50’s Web Programming with Python and JavaScript」をクリエイティブ・コモンズ ライセンスに基づき、日本語に翻訳したウェブサイト「CS50.jp」を公開したことを発表した。

CS50’s Introduction to Computer Science について

米ハーバード大学、米マサチューセッツ工科大学が共同で設立したオンラインコースプラットフォーム「edX」(MOOC = Massive Open Online Course) 上で公開されている講座で、Harvard大学の学生向けに展開されている CS50 というコンピュータ・サイエンス入門講義の内容が、オンラインでビデオ配信並びに講義スライドなどが全て無償公開されているもの。

edX で最も人気なコンテンツの一つとして、インターネットを通じて教育への機会のアクセスを求めている、全世界の282万人のユーザーがこの授業に履修登録をしている。

日本語化にあたって

CS50.jp 実際のページ例

「CS50’s Introduction to Computer Science」、「CS50’s Web Programming with Python and JavaScript」を含め、 edX には世界中の大学から質の高い授業が集まっていたが、その内容は英語のものが大半であり、英語による大学レベルの授業を理解できる一部の人しかメリットを享受できていなかった。

今回、プログラミング教育事業「CODEGYM」を運営する株式会社LABOTでは、コロナ禍など大学キャンパスの環境が不安定な中で、経済的事情や家庭環境に関わらず、多くの「学びたい意欲のある学生」が、良質な教材に母国語でアクセスできるようにしたいという想いで、CS50 が定める Creative Commons Licence に準拠する形での日本語版の翻訳作業を進め、そのライセンスに基づいて日本語版コンテンツのすべてを無償公開した。

※ クリエイティブ・コモンズ ライセンスについて

「クリエイティブ・コモンズ」とは、作品の利用と流通を図ろうとする活動の名前、またその活動を行っている団体の名称。

インターネット上の創作物の取り扱いにおいて、著作権の存在を前提としながら、創作者が安心して作品を共有しあうための仕組みとして発案された。

著作権の利用にあたり、条件を簡易的に示す方法が定められている。

CS50x は「CC BY-NC-SA 4.0」ライセンスに準拠し無償公開されており、元のコンテンツを複製、頒布、展示、実演を行うにあたり、著作権者の表示を要求し、非営利目的での利用に限定し、作品を改変・変形・加工してできた作品についても、元になった作品と同じライセンスを継承させた上で頒布を認める内容になる。

このため、ライセンスに準拠して作成された「CS50.jp」のWebページにアクセスする利用者は、非営利に限定された形で、当該コンテンツの利用が可能( 個人での学習を目的とした利用、学校教育法で定められた学校法人における授業の教材としての活用、NPO法人等の教育支援事業者による非営利活動等)。

コロナ禍の学生に対する教育支援活動として、本教材を非営利に限定して活用

LABOT では、この翻訳コントリビューターとしての発起人および参画に先立ち、コロナ禍においての学び・進路などに影響を受けた高校生・大学生、最大1,000人に対し、協賛スポンサーの協力によって実現する、非営利でのプログラミング教育支援プログラム「CODEGYM Academy 2021年コロナ学生緊急支援」を発表しており、2021年5月15日(土)に初回授業が行われる上で、本教材を用いて実施する。

CODEGYM Academy 2021年 コロナ学生緊急支援」は、GMOインターネット株式会社、株式会社スマレジを筆頭に、Google、LINE、サイバーエージェントなど、大手IT企業らの協賛・支援を受けて、コロナ禍にある高校生・大学生ら1,000人にオンラインのプログラミング教育を無償提供する取り組みを発表した。

この取り組みでは、5月15日(土)から6ヶ月間、毎週土曜日に講座を開講するほか、合計600時間のプログラミング学習を通じたキャリア支援を行う。

卒業生は、ハーバード大学のコンピュータサイエンスの授業の履修証明書を取得できるため、経済的な事情により大学を中退せざるを得なかった人などに、将来のキャリアの可能性を狭めることをなくし、平等な機会を提供できることを目指している。

CODEGYM Academy は、企業協賛のほか、クラウドファンディングを実施中