埼玉県戸田市とInspire High、非認知スキルの開発・育成に関する調査を市内中学校および高校と共同で実施

戸田市教育委員会とInspire Highは、クリエイティビティなど21世紀を生きるために必要とされる非認知スキルの開発・育成に関する調査を市内の中学校および高校と共同で実施していくことを発表した。

戸田市は先進的な教育改革に取り組んでいる自治体として知られており、これまでも多くの産官学との連携による「戸田市SEEPプロジェクト(※)」を掲げ、21世紀型スキル、汎用的スキル、非認知的(社会情緒的)スキルの育成に力を入れてきた。

今回の連携では、戸田市立喜沢中学校と戸田市立喜沢小学校をモデル校としてInspire Highを試験導入。

導入前後の非認知スキルの向上や、学習に対する内発的動機・キャリア観の醸成を調査検証し、今後の市内小中学校での幅広い利用を視野にいれて協働していく。

Inspire Highのビジョンは、「誰もが自分らしい人生を選ぶことができ、他者や世界とのつながりを感じながら生きている社会」。

世界中のインスパイアリングな大人と「答えのない問い」に向き合う機会を生み出し、主体性・思考力・表現力を養う最適なEdTech教材として地域の垣根を越えて全国の10代に新たなきっかけを届けていく。

(※) Subject(教科)、EBPM(Evidence-based Policy Making)、EdTech(Education×Technology)、PBL(Project-based Learning)のアクロニム

戸田市教育委員会 教育長 戸ヶ﨑勤氏 コメント

今年1月に取りまとめられた中央教育審議会「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(答申)において、委員として関わる中で重要だと感じたのは「個別最適な学び」と「協働的な学び」を一体的に充実させることでした。

Inspire Highは、これを実現し、全ての子供たちの可能性を引き出す新しい探究型のオンラインプログラムになり得ると直感し、すぐに導入を推進いたしました。本市が力を入れるPBL(課題解決型学習)やグローバル教育などで効果的に活用し、「答え探し」から「答えづくり」のクリエイティブな学びへの転換に繋げていきたいと考えています。

Inspire Highとは

Inspire High(インスパイア・ハイ)は、世界中の創造力と自分をつなぐ、10代のためのライブ配信プログラム。

ライブ配信プログラムを通して、普段ふれあう機会の少ないアーティストや起業家、研究者などクリエイティブに生きる大人たちと、答えのない問いについて考え、共有しあう。

スマートフォンとインターネットさえあればどこからでも参加できるサービス。

一般利用だけでなく、自治体や公立私立の中学校、高校と連携し、総合的な探究の時間、キャリア教育やクリエイティブ教育の教材として数多く活用されており、経済産業省の2020年度「未来の教室」実証事業、及びEdTech導入補助金対象事業にも採択されている。

過去のInspire High出演者(一部)

  • 社会はどう変えられる? オードリー・タン(台湾IT担当大臣 )
  • アイデンティティってなんだろう? エマニュエル・マンクラ (マサイ族長老、ケニア)
  • 貧しさってなんだろう? アイサ・ミヘノ (科学者、フィリピン)
  • 性のタブーとどう向き合う? ジーナ・パーク(起業家、韓国)
  • 自分ってなんだろう? 野田 洋次郎(ミュージシャン)
  • 想像するってどういうこと? 梶裕貴(声優)
  • 言葉ってなんだろう? 谷川 俊太郎(詩人)
  • 社会問題とどう向き合う? 安部 敏樹 (社会起業家、一般社団法人リディラバ代表理事)
  • 偏愛ってどういうこと? 辻 愛沙子(クリエイティブディレクター、株式会社arca CEO)
  • アイデアはどこから生まれる? 龍崎 翔子(ホテルプロデューサー、L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.代表)
  • 言葉でどう伝える? 平野 紗季子(フードエッセイスト)
  • 美しいってなんだろう? 三浦 遊(資生堂クリエイティブディレクター)