スタディプラスと総合型選抜専門塾AOIが提携、「Studyplus for School」での「Mushroom」の授業配信・学習管理を可能に

スタディプラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:廣瀬高志、以下「スタディプラス」)は、生徒の学習記録データを集約する「Studyplus for School 」と、株式会社花形 (所在地:京都府京都市、代表取締役:小澤忠) が運営する、総合型選抜専門塾AOI (以下 総合型選抜専門塾AOI)が提供する、動画配信サービス「Mushroom」と提携したことを発表した。

今回の提携を通して、「Studyplus for School」での「Mushroom」の授業配信・学習管理を可能にし、生徒の総合型選抜(旧:AO入試)のための学習を効果的にサポートしていく。

「Studyplus for School 」と「Mushroom」の連携概要

今回の「Mushroom」との連携によって、「Studyplus for School」での「Mushroom」の授業配信・学習管理を可能にし、生徒の総合型選抜(旧:AO入試)対策のための学習を効果的にサポートする。

スタディプラスと総合型選抜専門塾AOIは、教育機関における総合型選抜(旧:AO入試)の効果的な学習管理をサポートすることを目的として、2021年5月に業務提携を結んだ。

「Studyplus for School」は全国の学習塾や学校で導入される、生徒と先生のコミュニケーションプラットフォームである。

今回、「Studyplus for School」を通して「Mushroom」を映像配信し、学習管理ができるようになることで、総合型選抜(旧AO入試)専門の指導経験者がいない教育機関でも、地域に関係なく、完全オンライン対応の良質な総合型選抜(旧:AO入試)対策を提供する。

業務提携の背景

大学入試で拡大している総合型選抜(旧:AO入試)入試

「総合型選抜(旧:AO入試)」では、各大学独自の評価方法として小論文や面接、プレゼンテーション、セミナーや模擬講義など、バラエティ豊かな試験・課題が設けられています。文部科学省の大学入試改革により、2021 年度(今年度)からAO入試改め「総合型選抜」ではさらに学力を重視する傾向がみられるようになった。

これは、選考方法において小論文や口頭試問、「大学入学共通テスト」の結果、資格・検定試験の成績の中から少なくともいずれか1つの活用が義務付けられたことによるものと考えられる。

また、評定平均も評価されるため、日頃の学校成績も意識して学習する必要性が求められている。

高品質な対策カリキュラムの不在による、合格再現性の低さと地域間の情報格差

一方で、多様化する「総合型選抜(旧:AO入試)」において、高品質な対策カリキュラムを持つ教育機関は多いとは言えず、実際に合格再現性の低さに課題を持つ学習塾の声がある。

提供されるカリキュラムは、完全オンラインに対応しており、あらゆる地域で最新の「総合型選抜(旧:AO入試)」対策を提供可能。

プログラム導入事例

今回、本プログラムの導入の第一弾として、福島県南相馬市の京大個別会原町本校において指導が開始されている。

京大個別会原町本校は、情報格差をなくすためICTを活用し「人生を変える塾」を目指されている学習塾。

今回、そうした学習塾の理念と、課題となっていた「総合型選抜(旧:AO入試)入試」対策強化のニーズが合致し、本プログラムを導入。

今後、京大個別会原町本校、AOI及びStudyplus for Schoolは連携してプログラムの改善に取り組んでいく。

京大個別会原町本校 塾長 佐藤晃大氏からのコメント

京大個別会原町本校 佐藤先生

当塾は、原発から20km圏内の南相馬市にあり、震災直後はゴーストタウン化していましたが、開校した2014年頃に、やっと人が住めるような状態となりました。この地域の子供たちが置かれている状況は、学力が全体的に低めで、大学も近くになく、進学についての情報がほぼ入ってきません。そのため、当塾では、教科学習だけではなく、学習方法や目標設定の指導に注力しています。

そんななか、既に活用しているStudyplus for SchoolとAOIのプログラムが提携したことにより、これまで課題としていた総合型選抜について、生徒一人一人に併せた指導の実現や、データを元にしたノウハウの蓄積や分析が可能になるので、大変楽しみです。今後は、本プログラム実績をもとに、多くの南相馬市の子供たちや保護者さんたちに総合型選抜についても情報提供できる学習塾を目指していきたいと思います。

総合型選抜(旧:AO入試)対策動画配信サービス「Mushroom」概要

総合型選抜専門塾AOIが提供する「Mushroom」は、「自宅学習でひとつ上の大学に合格する」をコンセプトとした総合型選抜(旧:AO入試)専門の動画配信サービス。

「Mushroom」では、リサーチやロジカルシンキングといった、情報の取り扱い方法から具体的な志望理由書や小論文の対策まで完全網羅された、平均時間約10分、全55本の授業動画を扱われている。

また、「Mushroom」では授業動画のみならず、アウトプットを目的としたワークシートや、別サービスとしてオンライン添削「Quick Check」も提供されている。

Studyplus for School 概要

教育事業者向け生徒管理プラットフォーム「Studyplus for School」は、学習管理アプリ「Studyplus」によって生徒の学習進捗を可視化し、先生のオフライン及びオンラインのコミュニケーションを支援するサービス。

現在、全国の学習塾・予備校約500校以上に導入され、少子化・採用難・地域格差という社会課題が広がる中で、教育機関の新しいあり方・先生の新しい働き方をテクノロジーで実現する、いわゆる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を目指している。