城南進学研究社のオンライン学習教材「デキタス」国内27店舗にてキッズスイミング・運動スクールなど展開の「オアシス」に導入

株式会社城南進学研究社(本社:神奈川県川崎市川崎区駅前本町22-2、代表取締役社長CEO:下村 勝己、以下 城南進学研究社)は、フィットネスクラブを運営する株式会社東急スポーツオアシス(本社:東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル、代表取締役社長社長執行役員:粟辻 稔泰、以下 オアシス)に、2021年5月1日(土)より、城南進学研究社が運営するオンライン学習教材「デキタス」を導入することを発表した。

オアシスが運営する関東・関西・広島エリア27カ所にあるキッズスクール「オアシスキッズクラブ」に「デキタス」を導入し、ICTを利活用した文武両道を支援していくことを目的としている。

両社間では、2016年から文武両道を支援する「スイム&スタディーコース」企画を行っており、「オアシスキッズクラブ」に通う希望者に「デキタス」を提供していた。

今回、全キッズ会員に対して「デキタス」を提供し、スポーツだけでなく学習面からも支援する環境が整うこととなった。

「デキタス」導入の概要

背景

日本では、学習へのICT活用が世界に比べて遅れており、地域間の格差も問題となっている。

そこで文部科学省では、GIGAスクール構想による1人1台端末を活用した教育を推進。2020年度からプログラミング教育を必修化するなど、ICT化が急速に進められている。

さらに、コロナ禍において子どもたちの学習環境は大きく変わることとなった。

子どもたちにも様々な自粛が求められる中、オアシスは、単に体力増強やスポーツの技能向上だけでなく、学習面での支援も重要であると判断。文部両道から支援していく方針を打ち出した。

「デキタス」は「学びに“ワクワク”を」をキーコンセプトにしたオンライン学習教材である。

一方、「オアシスキッズクラブ」は「「好き」をココロに、「好き」をチカラに。」というスローガンで運動スクールを展開している。

ともに子どもたちの「楽しい」を大切にするという理念が合致し、今回の導入にいたったという。

導入の目的

「デキタス」を標準装備化し、「オアシスキッズクラブ」に通う約2万名のキッズ会員がいつでも学習できる環境を整えることで、ICTを利活用した文武両道を支援していく。

開始日

2021年5月1日以降

場所

「オアシスキッズクラブ」国内27カ所

対象者

「オアシスキッズクラブ」に通う会員

オンライン学習教材「デキタス」について

“ワクワク”をキーワードに、学校の勉強を確実に理解することを目指し開発された、小中学生用オンライン学習教材。

教科書に沿った授業や多彩な演習問題が5教科すべてにラインナップされており、さかのぼり・さきどり学習で1学年前の授業に戻ったり、先に進んだりできるほか、定期テスト対策問題を作成して挑戦したりすることも可能。

監修は、「城南予備校DUO」や「城南コベッツ」などで構成される城南進研グループの講師陣。

ポイントを押さえた授業と選りすぐりの良問で、学習内容がしっかりと身につく。