愛知県教委、全県立高校・特別支援学校で授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」を導入

愛知県教育委員会は、県内すべての県立高等学校・県立特別支援学校で授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」を導入することを発表した。

愛知県委員会では、コロナ禍での「学びの保証」とともに「ICTを活用した授業の拡充」をめざしている。

愛知県教育委員会の「ロイロノート・スクール」導入概要

愛知県教育委員会は、学びの保証とICTを活用した授業の拡充のため、令和3年度、県内すべての高等学校・特別支援学校でロイロノート・スクールを無償利用することとなった。

ロイロノート・スクールは、

  • 2020年度の緊急事態宣言中に、全国で活用された授業支援クラウドである
  • 1年間全校での無償利用が可能
  • コロナ禍で登校ができない状況でも生徒 – 教員がやりとりできる
  • シンキングツール(思考ツール)やプレゼンテーション機能などコロナ収束後も、ICTを使った生徒主体の授業改革の基盤として期待できる

など、愛知県立高等学校・県立特別支援学校での新しい学びを支えるツールとして期待されている。

ロイロノート・スクールは愛知県下の多くの自治体で利用されており、愛知県立高等学校でもすでに多くの学校で利用されている。

愛知県立安城東高等学校での活用事例

ロイロノート・スクールの活用が進む 愛知県立安城東高等学校の事例がウェブサイトで紹介されている。

授業場面のみならず、全校集会や職員会議などの場面でも活用されているという。

ロイロノート・スクールについて

ロイロノート・スクールは、教育1人1台時代、生徒の主体性を育み、双方向授業を作り出す授業支援クラウド。

小学校から大学まで、すべての授業で使える。

資料のやりとり、思考の可視化、意見の共有が直感的にできるため、子どもたちが自ら考え表現する協働的な学びや、教員の負担軽減につながる。

個別最適化された学びづくりや遠隔での学習にも効果を発揮。

マルチプラットフォームに対応しており、1日50万人以上が利用している。

全国で5000校以上、300近くの自治体に導入されている。