「Japan University eSPORTS Championship :U-Champ.~日本学生eスポーツ競技大会~」決勝大会を実施、全3タイトルの大学生No.1が決定

一般社団法人日本eスポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下、JeSU)は、大学生No.1を決定するeスポーツ大会「Japan University eSPORTS Championship :U-Champ. ~日本学生eスポーツ競技大会~」の決勝大会を、2021年4月24日(土)・ 25日(日)に、ところざわサクラタウンにて開催。

3タイトルの競技を実施し、それぞれ優勝者が決定したことを発表した。

「日本学生eスポーツ競技大会」概要

本大会は、大学eスポーツのさらなる発展と、eスポーツを通じた青少年の心身の健全な育成、および文化・地域・経済・社会の発展を趣意として新設された大会。

昨今、世界中で活況を呈しつつある大学eスポーツ。その活動を支援する動きは国際eスポーツ団体でも高まっている。

将来的にはユニバーシアードも視野に入れ、日本の大学eスポーツシーンの活性化と、世界で活躍できる選手の創出を目的として実施に至った。

エントリー校は253校にのぼり、大会当日は各タイトルともにハイレベルな熱戦が繰り広げられ、優勝者が決定。

優勝者

  • PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS:kikutaka_0325選手(北里大学)
  • eFootball ウイニングイレブン 2021(モバイル版):MASASHI選手(駒澤大学)
  • ストリートファイターV チャンピオンエディション:SNB|ひぐち選手(青山学院大学)

優勝者と準優勝者には、トロフィーが授与された。

さらに、優勝者には副賞として、日本代表ユニフォームと、オフィシャルスポンサーである株式会社マウスコンピューターよりG-Tune E5-165J、同じくオフィシャルスポンサーのサントリーホールディングス株式会社より「サポートプログラム」として1年分の清涼飲料が贈られた。

大会は、新型コロナウイルスの影響により集客を伴うイベント実施が困難になる中、オンラインでも盛り上がれるというeスポーツの特長を活かし、無観客イベントとして開催。

JeSUが特別出展したインターネットの祭典「ニコニコネット超会議2021」のほか、YouTube、Twitch、OPENRECでのライブ配信を実施し、多くのeスポーツファンが視聴した。

JeSUは日本のeスポーツの魅力を啓蒙し、ゲーム業界、周辺産業の拡大に努めるとともに、今後も魅力的なeスポーツ大会を実施していく。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS 大会結果

PUBG 決勝大会

優勝したkikutaka_0325選手は、終始安定してポイントを稼いでおり、納得の結果となったと言える。

2位のSy4N選手や3位のHyper-Kamiokande選手も、ドン勝を獲得しスコアを重ねるなど、個々のラウンドではすばらしいプレイを見せていた。

まだまだ伸びしろのある若い大学生たちが技を競い合う、これからの活躍が期待できる大会となった。

最終結果

  • 最終ランキング1位 kikutaka_0325選手(北里大学) KILL 13 SCORE 37
  • 最終ランキング2位 Sy4N選手(北海道情報大学) KILL 7 SCORE 33
  • 最終ランキング3位 Hyper-Kamiokande選手(神奈川大学) KILL 9 SCORE 29
  • 最終ランキング4位 STR_emilk選手(慶應義塾大学) KILL 6 SCORE 17
  • 最終ランキング5位 ぺんたごん選手(北海道科学大学) KILL 5 SCORE16

優勝: kikutaka_0325(きくたか)選手(北里大学)

いまの自分がどのくらいの位置にいるのか、個人の実力を試したくて参加しました。率直に、このメンバーのなかで勝てたのは嬉しいことですし、数字で見れば自分よりも強いメンバーがいっぱいいるなかで、“勝ち”“負け”だけではなく、“この選手、強いな!”という結果を示せたのではないかな、と思います。

僕みたいなズバ抜けて強いわけではない人間でも、こうやって優勝すれば、皆さんに知ってもらえたり、応援してもらえるから、“PUBG”といういいゲームをみんなに知ってもらいたいです。一試合だけでひっくり返すことも出来るようなチャンスが誰にでもあるゲームなので、こういう大会にはたくさんの人に挑戦してほしいですね。

準優勝: Sy4N(しふぉん)選手(北海道情報大学)

そこそこ自信はあったし、いい順位には入れるかなと思っていたので、あと一歩足りなかったことが非常に悔しいです。今回の結果も通過点のひとつなのですが、ひとまず優勝するまでは満足できないし、次は勝ち切りたいので、その修正からはじめます。

こういう大きな大会で優勝した時に、人生が変わったりするのかなと思います。だから、まずはチャレンジしてみてください。ぶつかって、砕けてからでないと始まらないので、たくさんバトルをして、ますは経験を得ましょう、そこからだと思います。

eFootball ウイニングイレブン 2021(モバイル版) 大会結果

ウイイレ(モバイル版)決勝大会

交代した選手がすべて大活躍するという、優れた采配で決勝に勝ち進んだポンジュパリピコ選手と、巧みなポゼッションが光るMASASHI選手との決勝戦。

高い得点力を誇るポンジュパリピコ選手が、守備にもその才能を発揮し、延長を終え2—2の同点からのPK戦を2—0で制し、まずは一勝。

続く第二戦、またしても延長戦に突入するも、小技にたけるMASASHI選手が勝り4—3でドローに。

最終決戦となる第三戦、大会を通じて安定したゲーム展開、美しいパス回しなどに優れたMASASHI選手が1—0で勝利し、トータルで2‐1の接戦を制し優勝を勝ち取った。

Grand Final

MASASHI選手(駒澤大学) 2‐1 ポンジュパリピコ選手(福岡大学)
1回戦 2‐2(PK0‐2) / 2回戦 4‐3 / 3回戦 1‐0

優勝: MASASHI選手(駒澤大学) 使用チーム:鹿島アントラーズ

ヒカックゲームズさんの動画でこの大会を知ってエントリーしたのですが、優勝できて純粋に嬉しいです。この先もウイイレをやっていくので、その“やる気”にもなるし、自信にも繋がりました。

新しい大会ですが、いろんな人が参加するようになったら、もっと楽しくなるのではないかなと思います。誰にでも可能性がある大会だと思うので、どんどん積極的に参加してほしいです。

準優勝: ポンジュパリピコ選手(福岡大学) 使用チーム:横浜F・マリノス

むちゃくちゃ悔しいです。いつも友達とやっているように、落ち着いて自分のプレイができていたので勝てるかなと思ったのですが、やはりそういう時に気が緩むのだと実感しました。

ただ、この大会に出て何よりも楽しめましたし、もっとこういったゲームに関わっていけたらなと思いました。いろんな人が参加する大会になって、そこをまた勝ち上がっていけたらいいですね。

決勝大会 進出者一覧(GroupA ◆GroupB)

  • K太郎(大阪産業大学)◆Effe(東海大学)
  • たよ(明治学院大学)◆とろ(東北福祉大学)
  • のすけ(東京工業大学大学院)◆MASASHI(駒澤大学)
  • ポンジュパリピコ(福岡大学)◆Leo(東海大学)

ストリートファイターV チャンピオンエディション 大会結果

ストV 決勝大会

プロ選手からも注目され、様々な大会でも結果を残し、本命と言われたSNB|ひぐち選手が順当にGrand Finalに進出。

対して、Losersで試合数を重ねて、試合内容が良くなってきた工藤選手が勝ち進み、奇しくもJeSUのプロライセンス保有者同士のGrand Finalとなった。

Losersで試合を重ねてきた工藤選手が非常に良い動きを見せ先勝するも、SNB|ひぐち選手は徐々に立て直していき、相手の細かい挙動を見逃さずにコンボをたたき込み、見事優勝に輝いた。

Grand Final

SNB|ひぐち選手(青山学院大学) 3‐1 工藤選手(日本大学)

優勝: SNB|ひぐち選手(青山学院大学) 使用キャラクター:ガイル

この大会を知った時に、大学生限定の大会なら僕は自信があったし、大学生で誰がいちばん強いのかを証明したかったので参加しました。ただ、大会に優勝するのはやっぱり嬉しいのですが、それと同時に“優勝できて良かったな”という安堵の気持ちが生まれました。

今回の大会を観てくれた中高生が僕を倒したいという気持ちで大学生になって参加してもらえたら、それは対戦格闘ゲーム業界にとっても、若い人が増えるのはとてもいいことですし、僕個人としてもそれに対して熱い闘志みたいなものを燃やすタイプなので、楽しいですね。

準優勝: 工藤選手(日本大学)  使用キャラクター:春麗

負けた…という感じです。対策不足だったり、純粋に相手の強さだったり、そういう要素が混ぜ合わさった結果だったと思います。

対戦格闘ゲームは年齢層が幅広いので、そのなかで若い人達がいきなり大きな大会を目指すのはとてもハードルが高かったりするのですが、「まずは大学生のうちにこの大会で優勝したい」っていう目標になるような大会だと思いますし、いい経験になるので、まずは出場してほしいですね。

決勝大会 進出者一覧

  • オニキ(国際武道大学)
  • Kazma (大同大学)
  • 工藤(日本大学)
  • ケンシロー(日本大学)
  • 雫(慶應義塾大学)
  • SNB|ひぐち(青山学院大学)
  • まるみ(名古屋大学)
  • もっちゃん(名古屋学院大学)