全国222カ所以上ある子どものためのプログラミング道場「CoderDojo」ポケモンを動かすワークショップを実施可能に

一般社団法人CoderDojo Japan(東京都新宿区:代表理事 安川要平)は、ワークショッププログラム「プログラミングでポケモンをうごかしてみよう」を全国のCoderDojoで実施できる仕組みを用意したことを発表した。

同プログラムは、株式会社ポケモン(東京都港区:代表取締役社長 石原恒和)が社会貢献活動Pokémon with YOUの一環として無償提供するもので、2020年12月にイベント「DojoCon Japan 2020」で実施され、好評を得ている。

ワークショッププログラム「プログラミングでポケモンをうごかしてみよう」概要

本取り組みの背景と目的

本ワークショップの素材を活用し、Scratch (※) でプログラミングする例

本ワークショップの素材を活用し、Scratch (※) でプログラミングする例

「プログラミングでポケモンをうごかしてみよう」は、教育用プログラミング言語「Scratch 」で、ピカチュウやイーブイを動かす体験ができる初心者向けのワークショップ。

2020年12月に開催されたオンラインイベント「DojoCon Japan 2020」には、全国から400名以上のCoderDojo運営者・メンター・保護者が参加し、15種類に及ぶワークショップが開催されたが、「プログラミングでポケモンをうごかしてみよう」は特に人気となっている。

そこでこのワークショップを、全国222カ所以上のCoderDojoでも実施できるようにした。

希望するCoderDojoは所定の手続きを経た上で、本ワークショップ及び実施に必要な素材を無償で利用できる。

この取り組みを通じて、ひとりでも多くの子どもたちがプログラミングに興味をもつきっかけとなることを願っているという。

※ Scratch(スクラッチ)は、Scratch財団がMITメディアラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により開発しているプロジェクト。https://scratch.mit.edu から自由に入手できる。

CoderDojoとは

全国のCoderDojo関係者が集まるオンラインイベントの様子

全国のCoderDojo関係者が集まるオンラインイベントの様子

CoderDojoは、一般社団法人CoderDojo Japanのサポートが得られる、日本全国222カ所以上で開催されている7~17歳を主な対象とした非営利のプログラミング道場。

2011年にアイルランドで始まり、世界では112カ国・2,200以上の道場がある。

日本でも2012年から活動が始まり、毎年1,200回以上のイベントが開催され、各イベントはプログラマーやデザイナー、学生や教員など、多様な人々の協力によって支えられている。

2021年4月現在はScratchやmicro:bit、Webサイト制作などが人気だが、特定のテクノロジーやテキストにこだわらず、参加者自身に作りたいものを考えて来てもらい、その実現を後押しすることがCoderDojoの特徴の1つである。

一般社団法人CoderDojo Japanとは

一般社団法人CoderDojo Japanのトップ画像

一般社団法人CoderDojo Japanは、世界中にあるCoderDojoの公式法人の1つ。

日本を活動の中心として、現在22社以上のパートナー法人と提携・協力し、全国に222ヶ所以上ある子どものためのプログラミング道場『CoderDojo』の非営利活動を継続的にサポートしている。

POKÉMON with YOU とは

POKÉMON with YOUは、東日本大震災で被災したこどもたちを支援する活動として2011年3月に発足し、“ポケモンが寄り添うことで、こどもたちを笑顔にしたい”という想いのもと、被災地の訪問や、募金を通じた教育支援などを行ってきた。

2021年4月からは、活動の対象・地域を拡げ、新しい社会貢献活動にも取り組んでいる。

本取り組みは、そのうちのICT教育支援活動として、「ポケモンが、未来を生きるこどもたちが必要な技術を楽しく学ぶきっかけとなれたら」 という想いを込めて実施するもの。

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標。