イキテイク合同会社、長崎県壱岐市内の学校へIT機器等無料貸し出しサービスを開始

イキテイク合同会社は、自社で保有するIT機器等を有料でレンタルするサービスを2021年4月15日に開始したことを発表した。

また、壱岐市内の小学校、中学校、高校からレンタル希望があれば、無料貸出するサービスも開始する。

イキテイク合同会社には、3つのポリシーがある。

  1. 自分の好きなこと、得意なことで生きていくこと。
  2. 島を良い方向に導くアクションを常に起こしていくこと。
  3. 島の子ども達にこれからの時代を生き抜く力を教え伝えること。

2019年の設立から3期目を迎えようとしているが、ロボット・プログラミング教室の開校など、離島においても、子ども達の未来の選択肢を広げるための事業を行ってきた。

昨年度からは、本土と比べ所得の低い離島でもよりリーズナブルな価格帯で購入できるリサイクルノートパソコンの販売やパソコン教室も行っており、少しずつではあるが、壱岐島民のICTリテラシー向上に貢献している所である。

また、イキテイクでは写真や動画撮影のためのビデオカメラやデジタルカメラなどの撮影機材も所有しているため、こうしたIT機器等を有料レンタルするサービスを2021年4月15日よりスタートした。

イキテイクが所有するIT機器をシェアリングすることで、壱岐島民のIT機器の導入コストを下げると共に、より手軽に家族の思い出を高画質で残したり、壱岐の魅力を島外に発信することができると考えている。

また、「自分の好きなこと、得意なことで生きていくこと。」、「これからの時代を生き抜く力を教え伝えること。」いうイキテイクのポリシー実現のため、離島の子ども達のICTリテラシーや映像制作技術等の向上につなげたいと考え、壱岐市内の小学校、中学校、高校からレンタル希望があれば、無料で貸出するサービスも開始。

ビデオカメラやデジタルカメラ等のIT機器で色んなものを撮影し、映像編集等を行うことで、子ども達の感受性や創造性が養われ、壱岐の自然や文化等に興味関心を持つ子どもが増えることも期待しているという。