Unity、教員向けの認定資格試験対策ワークショップ「Unityティーチャートレーニングデイ」を今年も開催

マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」を提供するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:豊田 信夫)は、Unity認定資格試験の対策ワークショップ「Unityティーチャートレーニングデイ」の2021年度開催スケジュールを発表した。

開催日程は試験内容ごとに分かれており、認定アソシエイト編は5月22日(土)、9月25日(土) 、認定プログラマー編は2021年6月26日(土) 、11月27日(土) 、認定3Dアーティスト編は8月7日(土)に開催する予定。

(※日程は事前の予告なく変更となる場合あり)

Unityティーチャートレーニングデイとは

Unityが提供しているUnity認定資格試験は、教育現場で自信を持ってUnityを教えられる証。

資格を取得することで、自身の持っているテクニカルスキルや知識を証明することができる。

「Unityティーチャートレーニングデイ」では、Unity認定アソシエイト・Unity認定プログラマー・Unity認定3Dアーティストのそれぞれの試験範囲に対応したオンラインワークショップを実施する。

イベント用プロジェクトデータを使用して実践と解説を行い、Unity認定試験資格に必要な知識とスキルを1日で身につけることを目指す。

講師はユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのトレーナー・荒川巧也氏が務める。

2021年度開催ではより多くの人が参加できるよう、昨年開催時より定員数の上限を拡大し、年間を通した開催スケジュールへと変更。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内外での感染拡大を受け、本イベントはオンライン形式で開催。

「Unity Meetup」のイベントページからの事前の申し込みが必要。

当日はZoomを使用してオンライン形式でのワークショップを実施する。

※各イベントの講義内容は単体で独立している。認定プログラマー編、認定3Dアーティスト編へ参加する上で、認定アソシエイト編の参加は不要。

参加申し込み

各イベントページから事前に参加申し込みが必要。また、今回は教員など教育関連の仕事をしている人の参加に限る。

定員数

各日14名

配信システム

Zoom(オンラインにて実施)

資料の公開

ワークショップ内で使用した資料やプロジェクトデータは、後日公開予定。だれでもダウンロードできる。

認定アソシエイト編について

Unity認定アソシエイトの試験範囲を念頭にUnityでのゲーム制作を行う上で、プログラマーやデザイナー、プランナーなどポジションに関係なく知っておきたいUnityの基本的な知識(Unity認定アソシエイト試験レベル)を横断的に身に付けることを目指すワークショップ。

トレーニングは、Unity認定アソシエイト試験の作問で使用されたUnityのバージョン(Unity2019.4)で行われる。

また、最新バージョンでのUnityの仕様についても必要に応じて解説。

受講料

6,600円(税込)

日時

2021年 5月22日(土)、9月25日(土) 10:00-17:00(休憩1h) ※両日同じ内容のため、どちらか1日のみ参加すること。

参加者想定レベル

Unity入門書レベルは理解している人

こんな人におすすめ

  • Unityの基本的な使い方、入門書レベルの理解はできている
  • これからUnityの授業を学校で取り入れてみたいが、あまりUnityに詳しくない先生

認定プログラマー編について

Unity認定プログラマーの試験範囲を念頭にプログラマーとして知っておきたいUnityの実装方法について学ぶ。

また、Unity AnalyticsなどUnityが提供するサービス(機能)についても実装方法(Unity認定プログラマー試験レベル)について学ぶ。

トレーニングは、Unity認定プログラマー試験の作問で使用されたUnityのバージョン(Unity2019.4)で行われる。

また、最新バージョンのUnityの仕様についても必要に応じて解説。

受講料

9,900円(税込)

日程

2021年6月26日(土) 、11月27日(土) 10:00-17:00(休憩1h) ※両日同じ内容のため、どちらか1日のみ参加すること。

参加者想定レベル

Unityの基本的な機能やC#の基本的な文法を理解している人

こんな人におすすめ

  • (調べながらでも) Unityの一通りの機能を使える
  • C#の基本的な文法は理解している

認定3Dアーティスト編について

Unity認定3Dアーティストの試験範囲を念頭に3Dアーティストとして知っておきたいUnityの機能について学ぶ。

このトレーニングを通して、DCCツールからモデルのUnityへの取り込み、マテリアルの適用、アニメーションの適用を深く学ぶ。

さらにライティングやカメラワーク、エフェクト(Unity認定3Dアーティスト試験レベル)についても取り扱う。

トレーニングは、Unity認定3Dアーティスト試験の作問で使用されたUnityのバージョン(Unity2019.4)で行われる。

また、最新バージョンのUnityの仕様についても必要に応じて解説。

受講料

9,900円(税込)

日程

2021年8月7日(土)10:00-17:00(休憩1h)

参加者想定レベル

Unityのアニメーション、ライティング、エフェクトについて基本的な内容については理解している人

こんな人におすすめ

Unityのアニメーション、マテリアル、ライティングについて基本的な知識がある

講師プロフィール

荒川 巧也 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 マスタートレーナー

主に、Unity導入を考えている企業に対するUnity教育の提供や、効率的な実装方法を学びたい企業にコンサルティング業務を行っている。

Unityアカデミックアライアンスについて

Unityアカデミックアライアンスの対象がより幅広くアップデート

Unityでは、2021年1月26日(火)より高等教育機関向けコンソーシアム「Unityアカデミックアライアンス(UAA)」を、高等学校向けにも開放。

本アライアンスのメンバーには特典として、リアルタイム3D課程を開始して拡張するために必要な業界対応製品の最大 70% 引の割引販売、カリキュラムガイダンスなどが提供される。

教員及び学生向けにUnity認定試験バウチャーの相当数を無償提供しており、試験を通じた技能の向上を見込める。

認定試験受験を想定している人は、トレーニングと合わせて活用してみては。