GMOメディアがプログラミングスクールのDX事業に参入、生徒管理ツール『Smart Manage』を譲り受け「コエテコ byGMO」で運営

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)は、エデュケーショナル・デザイン株式会社(代表:脇田 真太郎 以下、エデュケーショナル・デザイン)より、本日4月16日(金)に生徒管理ツール『Smart Manage』を譲り受け、プログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」が運営主体となりサービスを開始することを発表した。

今後は『Smart Manage』の運営を「コエテコ byGMO」にて行い、プログラミングスクールを始めとする、様々なスクールにおいて運営業務のDXを推進していく。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、データやITを活用することでサービスや業務そのものを変革するDX(デジタルトランスフォーメーション)が様々な業界で加速している。

また、多くの業界において新たな生活様式に対応するためのサービスも生まれている。

学習塾・習い事のスクール運営事業者においても、これまでの対面型での指導が主流だったサービス展開から、オンライン授業に代表されるICTを活用した新しいサービスとの併用など、サービスの多様化が求められている。

しかしながら、スクールの運営業務には、月謝の入金管理から保護者・生徒とのコミュニケーション、生徒の学習履歴の管理まで多岐にわたっている。

特に、中小の学習塾・スクールにおいては、アナログで業務を行っている場合も多く、DXがなかなか進まないという現状がある。

エデュケーショナル・デザインより『Smart Manage』を譲り受け

今回、GMOメディアでは、塾や習い事などのスクール運営のDXを推進するべく、エデュケーショナル・デザインが提供する生徒管理ツール『Smart Manage』を譲り受け、「コエテコ byGMO」にてサービスの提供を行うこととなった。

『Smart Manage』には「生徒管理に特化しているシンプルな機能設計」や「導入時の費用がかからない」など、導入するスクール側の負担が少ないのが特長。

スクール運営事業者や講師が労働集約的に行っている生徒管理業務も『Smart Manage』の導入により削減することができる。

「コエテコ byGMO」では、『Smart Manage』の導入による生徒管理業務の削減を通じて、スクール運営事業者・講師のスキルアップやスクールにおける新たなサービス展開を支援していく。

『Smart Manage』の導入は「コエテコ byGMO」に掲載されているプログラミングスクールを中心に進めていく予定。

 


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。