英検や漢検のお得な申込窓口や公式ラーニングサービス等を提供する総合学習支援の窓口プラットフォーム「スタギア」 ティザーサイト公開

株式会社EduLab(エデュラボ、東京都渋谷区、代表取締役社長:髙村 淳一、以下「EduLab」)グループの株式会社教育測定研究所(代表取締役社長:大竹 博之、以下「JIEM」)は、総合学習支援の窓口プラットフォーム「スタギア」について、2021年5月のサービス開始に先立ちティザーサイトを4月15日に公開、大学情報・入試に関するメディア「スタギア大学受験」(β版)を4月22日より提供開始することを発表した。

総合学習支援の窓口プラットフォーム「スタギア」について

総合学習支援の窓口プラットフォーム「スタギア」は、『受験』『学習』『情報』の3つの窓口サービスを柱に、それらが相互に連携することにより、学習者の進学の可能性を最大限に広げる、総合型の学習支援プラットフォーム。

またAIの活用により、それぞれの学習者に適した学習サービスや入試関連情報などをリコメンドすることで、より多くの学習者に、安価で質の高い学習機会を提供することを目指す。

3つの窓口サービス

「受験の窓口」

英検®・数検といった検定試験をはじめ(※数検については正式リリースに向け対応準備中)、様々な検定・資格・試験にいつでも簡単に申し込むことができる。

また月額500円(税込)の「スタギア」プライム会員に登録すると、各種検定・試験をお得に受験することが可能となる。

割引対象の検定・試験は「英検S-CBT」平日受験、「英検Jr.」、「CASEC」からスタートし、2021年春以降、順次拡大していく予定。

「学習の窓口」

英検®・漢検・数検といった「3大検定」の公式ラーニングサービスをはじめ、各種学習サービスをオンラインで提供。

これまで別々に参考書などを購入し対策する必要があった各種検定・試験が、「スタギア」プライム会員なら一日「約17円」で学習し放題となる。

「情報の窓口」

受験や学習に関する情報を提供する。

約530万人の会員データベースを基盤に、検索履歴だけではなく学習履歴、受験履歴等といった総合的なデータを分析し、AIリコメンデーションエンジン「CAERA」を搭載することで、利用者のニーズに合った精度の高い情報を提供していく。

また、成績証明書のデジタル化時代に対応するため、「スタギア」のプラットフォーム上で「オープンバッジ(オンライン成績証明書)」を提供する。

これは、特定非営利活動法人 全国検定振興機構が発行する公式な証明書であり、今後、入学試験や就職活動で利用してもらうことを想定しているという。

「スタギア大学受験」(β版)について

「スタギア大学受験」は、「情報の窓口」のひとつとして、全国の大学の入試等に関する様々な情報を集約し、検索ができる他、利用者の登録情報・行動履歴等の情報資産にAIリコメンデーションエンジン「CAERA」をかけ合わせることにより、ひとりひとりに合った最適な情報を提供することで、高校3年間に寄り添うサービス。

4月22日にリリースするβ版では、各大学について、学部学科や学費・奨学金、学べる学問等の詳細情報を検索することが可能となる。

年度入試も見据え、英検®、漢検、数検等の各種検定・試験のほか、様々な資格試験を大学入試に活用することができる情報をはじめ、利用者により適した情報を提案し、大学と利用者のマッチング精度の向上を目指す。

大学に関する掲載情報も入試スケジュールに合わせ、順次拡大していく予定。

大学入試でのオンライン成績証明書(オープンバッジ)の利活用の推進をはじめとする、大学出願連携にも取り組む。

「スタギア」 ブランド について

2013年に株式会社教育測定研究所と日本英語検定協会による共同事業として「スタディギア for EIKEN」が提供され、7年に及ぶ利用ユーザーの拡大により登録者数530万人となり、「スタディギア大学過去問」や「スタディギア(動画)」(2019年に「スタディチャンネルにリニューアル」)など、関連サービスも広がりを見せている。

新たな受験・学習・情報プラットフォームとして「スタディ」以外の領域への広がりを目指し、「スタディギア」から「スタギア」へとリブランディング。

「スタディ」から「スタートxスタンダート」へ、幼児から社会人まで幅広いユーザーが継続的に長期にわたり活用できる、学習、進学、生活に紐づくあらゆる機能を提供できるプラットフォームブランドとして、更に発展していく。

EduLabグループは今後も、「教育を科学する」をキーワードに、次世代教育の実現に向けたサービス開発に取り組み、全ての学習者に対する新たな価値提供に貢献していく。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標。