大学入学共通テストの「情報」教科採用を受け子どもへのプログラミング学習を検討する保護者が7割超える GMOメディア調べ

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営するプログラミング教育ポータルサイト「コエテコ byGMO」は、独立行政法人大学入試センター(以下、大学入試センター)がプログラミングを含む「情報」を、2025年の大学入学共通テストより教科として採用したことを受けて、小学生の子どもを持つ保護者849名に対して「大学入学共通テストに関する調査」を実施し結果を発表した。

大学入学共通テストへの「情報」教科採用に関しての調査結果概要

調査背景

プログラミング教育は2020年4月に小学校で必修化されたのを契機に、学校教育において段階的に導入されている。

2021年・2022年にはそれぞれ中学校と高等学校でも必修化されることになった。

また、2021年3月24日には大学入試センターが「2025年の大学入学共通テストの教科・科目案」を発表し、大学入学共通テストにプログラミングを含む「情報」が教科として採用されることとなった。

そこで、「コエテコ byGMO」では、2020年11月の調査に続き、小学生の子どもを持つ保護者を対象として「大学入学共通テストへの『情報』教科採用に関する保護者調査」を行った。

調査結果

大学入学共通テスト「情報」教科化、保護者の認知度は前回調査とほぼ変わらず

まず、保護者に対して「大学入学共通テストに『情報』が教科として採用されると発表があったことへの認知度」を調査し、2020年10月に大学入学共通テストに「情報」が教科として採用されると報道があった際に行った調査(以下、2020年11月調査)と比較を行った。

「知っていた」という回答は25.7%となり、2020年11月調査と「大学入学共通テストへの『情報』教科の採用」についての保護者の認知度はほとんど変わらない(2020年11月調査:24.3%)という結果となった。

また、「知っていた」と答えた人に、「発表を受けてのプログラミング教育への関心度の変化」を聞いたところ、「高まった」と28.9%が答えた一方、「とくに変わらない」との回答が62.8%に上り、最多となった。

これは、小学校でのプログラミング教育の必修化が発表されてから、ある程度の時間が経過したことで、学校教育におけるプログラミング教育に対しての保護者の認知が進んでいることが要因と考えられる。

「プログラミング学習を検討する」保護者は70.6%

一方で、「発表を受けてプログラミング学習を検討するか」という質問に対しては、「検討する」と答えた人が70.6%となり、2020年11月調査(選択肢=「『情報』教科が採用される動きでプログラミング学習を検討するか」、66.0%)よりも4.6ポイント上昇。

さらに、「プログラミング学習を検討する」と答えた人に、「プログラミングスクールへの通学を考えるか」を聞いたところ、「検討する」が52.6%となり、過半数の人がプログラミングスクールへの通学を検討すると回答した。

この結果から、大学入学共通テストという受験科目に採用されたことで、今後保護者はプログラミング教育の「認知」から、子どもに「プログラミングを学ばせる」という具体的な行動にシフトしていくことが考えられる。

約8割の保護者が教育に関する情報収集を実施。方法は「インターネット」が最多

続いて、「教育に関しての情報収集方法」について質問。

その結果、教育に関して何らかの情報収集を行っている保護者は78.2%(「特に情報収集はしていない(21.8%)」を除いた数)と8割近くになった。

また、情報収集方法に関しては「インターネット」が49.5%と約半数の保護者がインターネットで情報収集を行っている結果となり、次いで「テレビ(39.6%)」「塾や学校の先生から(29.3%)」となっている。

子どもの習い事費用、平均は月に「10,271」円、支払うことができる(平均12,284円)とは2,013円の差に

さらに、「子どもの習い事」について質問。

「習い事をしている」と8割以上(81.7%)の保護者が回答したことから、多くの小学生は習い事をしていることがわかった。

また、「子どもが現在している習い事」に関しては「スポーツ」が38.5%と最多で、「学習塾(25.4%)」、「英会話(21.9%)」が続く結果となった。

次に、「子どもの習い事にひと月に払っている金額」を調査したところ、「20,001円以上(27.4%)」が最多。

次いで「5,001円~10,000円(24.1%)」「10,001円~15,000円(20.6%)」と続いた。

この結果から、保護者がひと月にかけている教育費の平均は10,271円となり、小学生は習い事に毎月平均10,000円以上かけているということがわかった。

また、「子どもの習い事にひと月に支払うことができる金額」については、「20,001円以上(24.9%)」が最多となり、次いで「5,001円~10,000円(18.6%)」、「10,001円~15,000円(17.6%)」となっている。

「子どもの習い事にひと月に支払うことができる金額」の平均は12,284円で、実際に習い事に支払っている金額よりも2,013円多いことがわかった。

「コエテコ総研 byGMO」所長・沼田の見解

学校教育におけるプログラミング教育の段階的な導入が始まることを受けて、「コエテコ byGMO」では2018年2月より、子どもを持つ保護者を対象として「プログラミング教育」の認知度調査などの各種調査を行ってきた。

今回、民間における「プログラミング教育」のさらなる普及を行うことを目的に「コエテコ総研 byGMO」を設立。

調査結果に対する「コエテコ総研 byGMO」所長・沼田氏の見解は以下のとおり。

2021年3月24日(水)に、大学入試センターより2025年の大学入学共通テストの教科・科目案が発表され、プログラミングも含む「情報」が教科として採用されることとなりました。まだ保護者の認知度は3割弱と現状、高いとは言えませんが、導入時期が近づくにつれて認知度も上がってくると考えています。

また、2019年4月に株式会社船井総合研究所と発表させていただいた「2019年 子ども向けプログラミング教育市場調査」においても、大学入試への採用がプログラミング教育市場のさらなる拡大に影響すると述べさせていただいており、今後も保護者への認知度調査を通じて、啓蒙活動を行っていきたいと考えています。

調査概要

調査対象

小学生の子どもを持つ保護者

調査期間

2021年3月19日(金)~3月25日(木)

調査方法

インターネットリサーチ

有効回答数

849名

調査主体

「コエテコ byGMO」

*本調査レポートの百分率表示は四捨五入で端数処理を行っており、合計しても100%とならない場合がある。

「コエテコ byGMO」とは

GMOメディアが運営する「コエテコ byGMO」は、「プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる」をコンセプトに、2017年11月に開設されたプログラミング教育ポータルサイト。

プログラミング教育に関する最新ニュースや調査結果をはじめ、様々なプログラミングスクールの情報を伝えることで、小学生の子どもを持つ保護者を対象に、プログラミング教育への理解を深めるとともに、プログラミングスクール選びの参考となることを目指している。