ソニーと放課後NPOアフタースクール、「感動体験プログラム」として25団体を対象に計8種類のワークショップを開催

ソニーグループ株式会社(以下、ソニー)と特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール(以下、放課後NPOアフタースクール)は、協働で実施する「感動体験プログラム」を2021年度もさらに強化して展開することを発表した。

今年は関東・関西エリアの放課後児童クラブや放課後子ども教室など、25団体を対象に、計8種類のワークショップを開催する。

2021年度「感動体験プログラム」実施概要

「感動体験プログラム」は、ソニーが教育格差縮小に向けて2018年より展開している小学生向けプログラム。

その一環として、子どもたちに豊かな放課後を提供している放課後NPOアフタースクールとパートナーシップを組み、小学校の放課後に多様なワークショップを届け、年々プログラム内容や展開エリアを拡充している。

2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、オンライン形式などの新たな試みを行い、全国37箇所、1,112名以上の子どもたちにワークショップを行った (「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」を活用した特別プログラム『KOOV®でロボット動画づくりにチャレンジしよう!』含む) 。

今年もソニーグループの持つ技術やコンテンツと、放課後NPOアフタースクールの教育現場におけるノウハウを活かし、より多くの子どもたちに感動体験を届け、好奇心や創造性の向上を目指す。

プログラム内容

ソニーグループの技術やコンテンツを活かし、STEAM*分野の8つのプログラムを展開。

昨年に引き続き、オンライン形式のワークショップ(「aiboといっしょにAI+プログラミング体験」、「プログラミングブロック「MESH™」で発明家になろう、「歌おう!おどろう!みんなでミュージカル」)も実施予定。

*Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の略。

運営

ソニーグループ株式会社、特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

実施方法

関東・関西エリアの放課後運営団体に向けて公募を行い、実施する25団体を決定。

※新型コロナウイルス感染症の状況を注視しながら、実施時期や形態については各団体と調整の予定

募集要項

応募期間

  1. 第一次(7月〜実施):2021年4月15日(木)~5月31日(月)
  2. 第二次(10月〜実施):2021年6月1日(火)〜8月31日(火)

募集対象

学童保育・放課後活動など、小学校および小学生を対象とした活動をしている団体

※2021年度は、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城)・関西(大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山)のエリア限定

費用

無料

応募方法

「感動体験プログラム2021応募用紙」をFAXまたはメールで送付 もしくは 公式ウェブサイトの応募フォームより受付

参考:2020年度7~3月実施 参加者アンケート結果

放課後NPOアフタースクールについて

「放課後拠点の充実+企業連携」で目指すソーシャルイノベーション

「放課後をゴールデンタイムに!」をスローガンに小学校の放課後改革に挑戦し、安全・安心な場と本物・多様な体験が両立するアフタースクールを展開している放課後NPOアフタースクールは、放課後拠点の運営・サポートに加え、企業や行政等と連携して子育て・教育プロジェクトを推進する専門チームを設置。

社会的に大きな影響力を持つ多様な組織団体と共に、社会全体で子どもたちを守り育む活動を加速させ、子どもたちのためのより豊かな放課後の実現に向けたチャレンジを続けていく。