NTTコミュ、オンライン版学力調査「まなびポケット学力調査」5月実施回の無償申込を開始

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は3日、オンライン版の学力調査「まなびポケット学力調査(CBT:Computer Based Testing)」の5月実施回(PoC)の無償申込を開始したことを発表した。

2021年度5月実施回はフィージビリティ調査などを目的とした実証の一環として、学力調査テストのオンライン化を検討する教育委員会、学校へ無償で提供する。

2021年度5月「まなびポケット学力調査」概要

「まなびポケット学力調査(CBT)」では、小学2年生から中学3年生までに向けた「国語」「算数・数学」の2科目のオンライン試験(CBT)を提供。

テスト実施から結果のフィードバックまですべてオンライン上で行う。

従来紙ベースでは数週間から数か月かかっていた学力テストのフィードバックが、テスト後すぐに確認可能となるなど、オンラインならではのスピード感でフィードバックを実施。

児童生徒だけでなく、教育委員会、学校(教員)向けと3種類のフィードバックを受けることができる。

また、通年・経年での学力の伸びの確認が可能になるのも特徴。

2022年度からはIRTを用いた評価を採用する予定であり、学力の伸びの測定やテストの難易度に依存しない学力評価を目指す。

想定販売価格は1科目300円(税込330円)と低コストでの提供を予定。

5月実施回無償申込の締切りは4月30日。申込の早い順でCBT環境を案内する予定という。