スパトレ、東京書籍が発行する中学校英語教科書『NEW HORIZON』に準拠したオンライントレーニングを提供開始

オンライン英語トレーニングを提供するスパトレ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:向井麻里絵)は東京書籍株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:千石 雅仁、以下「東京書籍」)と協業し、東京書籍が発行する中学校英語教科書『NEW HORIZON』に準拠したオンライン英語トレーニングを2021年4月より提供することを発表した。

『NEW HORIZON』に準拠したオンライン英語トレーニングについて

背景

今英語教育が大きく進化している。

1つ目は、教科書の進化。

そして2つ目は、GIGAスクール構想下でのパソコンやタブレットを使ったより深い学習、個別最適化された学習を行える環境が整うこと(文部科学省2021年3月末発表では97.6 %の自治体で1人1台体制が整備される見込み)。

この大きな進化の中で、スパトレは中学生向け英語教科書で最大のシェアを誇る東京書籍の『NEW HORIZON』に準拠したオンライン授業を、東京書籍との協業により、提供することとなった。

スパトレが持つ強み

  • 第二言語取得論に基づく英語学習をオンラインで提供。話す体験にとどまらない学習を提供すること(第二言語取得論の第一人者である白井恭弘教授(ケース・ウェスタン・リザーブ大学)が社外取締役としてサービスの監修)
  • 予習復習を絶対必要とした外国人講師との授業をマンツーマンで行うサービス

をベースに、

今年度より改訂された『NEW HORIZON』

  • 小学校英語の教科化や、新指導要領を踏まえて今まで以上に4技能5領域のバランスを重視
  • 考えを深めること、自分の意見を述べることを積極的に意識づけるカリキュラム

に準拠したオンライン英語授業を提供することによって

  1. 学校の教職員の負担軽減(教科書の指導計画に基づくライティングやスピーキング等の採点・評価の共有)
  2. マンツーマン授業によるレベルに応じた個別最適化
  3. 自宅で基礎力養成が出来るため、教室内ではグループワーク等を通じた実践的なアクティビティによりフォーカスができること
  4. 休校期間でも自宅で学習を継続すること
  5. 外国人に対する緊張感や意思疎通への不安感、ためらいをなくすこと
  6. 即興で自分で文章を組み立て、その場で発表し、修正点の指摘や評価を受けること

を可能とする。

スパトレと東京書籍の協業サービスによって、新しく大きく変わった教科書を使った学びを最大化し、GIGAスクール時代の新たな学習のソリューションを提供する。

提供先

教育機関、個人、塾

提供開始

2021年4月15日より

料金

授業1回あたりの回数制もしくは、毎日1度使える月額制

無料体験

教職員、生徒共に無料で試用できる期間設定あり

オンライン英会話スクール『スパトレ』とは

  • 価格満足度No.1業界最安値の料金設定(2021年1月実施インターネット調査より)
  • 授業満足度96%(スパトレ会員向けアンケートより)
  • 最新科学の知見に裏付けされた授業 (第二言語習得論の第一人者白井教授が社外取締役として監修)
  • 厳選されたトレーナーによる自律学習支援(テストを行い、目的とレベルにあった教材・学習方法判定)
  • 目標やレベルに合わせて [DUOなど有名な教材100種類] × [シャドーイングなど15種類の学習方法] の約5000種類の教材からトレーニングを選べる
  • 初心者から始める人が7割。初心者からでも実力を着実に身につけられる(日本人の学習をサポートあり)
  • 必ず予習・復習が必要な授業カリキュラム
  • オンラインで10分前まで予約可能。24時間いつでも授業を受けられる

 


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。