岐阜県多治見西高附属中、セイハネットワークのオンライン1日留学を実施

セイハネットワーク株式会社(福岡県福岡市、代表取締役:坂口 正美、以下セイハネットワーク)と多治見西高等学校附属中学校を運営する学校法人溪泉学園(岐阜県多治見市、学校長田口 明、以下多治見西高等学校附属中学校)は、オンライン1日留学を実施したことを発表した。

例年、多治見西高等学校附属中学校の1年生は、大阪にて英語研修に行っていたのが通例たが、新型コロナウィルス感染拡大防止の影響で今年度は中止になってしまった。

特に英語課の先生は、長い時間英語に触れていてほしいという思いがあったが、コロナ禍での実現が困難になりつつあった。

セイハネットワークの新サービス「オンライン留学」を実施することで先生の悩みを解消することができたという。

オンライン留学は、実際にセブ島に行ったかのように、入国審査から始まり、観光名所巡りショッピングも行うことで異文化交流も体験。

日本にいながらフィリピンの文化生活・文化に触れることができた。

SDGsラーニングプログラム「現地と繋がる!リアルな学び」を国際協力団体『NGO go share』の協力で、セブ島の現状についても教えてもらった。

セイハネットワークとは

1985年(昭和60年)創業、福岡市博多区に本社を置き、英語教室運営を中心に展開。

主に大手ショッピングセンター内に全国で約750の教室を運営し、約72,000人の生徒が通う人気教室「セイハ英語学院」を主体に「ヒルトップ」「そろばん教室88くん」「セイハダンスアカデミー」「パパイヤ式キッズダンスアカデミー」「プログラミング教室ぴこラボくん」などの教室運営やオンライン英会話「UPトーク」や留学事業などを展開している。